Wacoal

これまでも、これからも。より美しく

Story

女性の人生は下着とともに

失恋・思春期・挑戦・出産、4人の女性のターニングポイント。

[動画を再生する]失恋・思春期・挑戦・出産、4人の女性のターニングポイント。
  • Twitterでシェア
  • facebookでシェア

ワコールの思い Wacoal's Wish for You

女性のからだにいちばん近い下着には、洋服以上に心へもたらす効用があるはず。丁寧につくられた下着なら、なおさらのこと。ちゃんとした下着を選ぶことは自分をいつくしむこと。そんなことに気づいてほしいという思いから、4人の女性のライフステージを描いた映像を制作しました。女性の人生と真剣に向き合い下着をつくっているワコールの姿勢にほんの少しでもふれていただければ。これまでも、これからも。より美しく

Lingerie is the closest thing to a woman's body.So it should be even closer to her heart than any other clothes.And carefully made lingerie should be even more special.Choosing proper lingerie is a gift of love to yourself.And because we want you to notice that,we have created these short films about turning points in the lives of four women.We hope you will feel a little closer to Wacoal as we work to make lingerie that supports women throughout their lives.Yesterday, today and tomorrow.Helping you feel more beautiful.

監督プロフィール Director's profile

[写真]たじまなおこ Naoko Tajima

たじまなおこ Naoko Tajima 慶応義塾大学卒業後、ロンドン映画学校へ進学。2003年から2012年まで博報堂プロダクツの企画演出部に所属し、企画・演出家として活動。ショートフィルムや長編映画の演出・撮影監督作品においては、カンヌ映画祭、ハリウッド映画祭、ショートショートフィルムフェスティバル&アジア他、数々の海外映画祭で受賞、入選経験あり。2012年より独立し、国内のみならず、世界を舞台にCM、映画、PVを演出。

After graduating from Keio University, she went onto study at the London Film School. She started her career at Hakuhodo Products, and in-house production company of one of Japan's top advertising agency, Hakuhodo. Ever since her career, she has directed over 250 films and commercials worldwide, as well as a Cannes Film Festival award (Best European Shorts) under her belt, also as a cinematographer. Now based in Tokyo as a freelance director, she works on a wide range of mediums from film and television commercials, to music videos.

今回の企画を考えるにあたってのきっかけは、自分の人生を振り返ってみた時に、大事なライフステージの節々にワコールがいたことを思い出したことでした。初潮を迎えた時に母親が私のからだを思いやってワコールを勧めてくれたこと。失恋した時に、勇気をもらえたこと。挫折した時に、背すじをまっすぐ正してくれたこと。妊娠・出産を経た時に、変わりゆく心とからだにぴったり寄り添ってくれたこと。それらを思い返した時に、ここまで女性の人生を真剣に考えてくれている下着メーカーは世界を見渡しても類がないと思いました。そして、これこそが下着ブランドとしてのワコールの誇るべき立ち位置なのかなと考えました。今回は、普段語られることが少ない女性のデリケートなライフステージを、できるだけリアルに描くことを心がけました。この映像を通して、さまざまなライフステージにいる女性の方々が、勇気づけられることを願っています。すべての女性は美しいと、私は信じています。

Upon getting this opportunity, I thought of how Wacoal had always been there for me in different periods of my life. The time when my mother gifted me my first Wacoal bra upon entering adolescence. The time when it helped mend my broken heart. The time when it straightened my posture throughout hardships. And most recently, when it supported me both emotionally and physically throughout my pregnancy , childbirth, and postpartum. I strongly believe that there are hardly any lingerie brands that oversea every stage of women's lives. Thus it was clear to me that the film should be based on an idea that celebrates every delicate stages of life.It was very important for me to take a realistic and natural approach in directing the scenes. I sincerely hope that this film will reach the hearts of many, and encourage them of their inner beauty. All women are beautiful.