ワコール ブライダルインナーガイド[WACOAL Bridal Inner Guide]

Menu
花嫁アドバイザー 山口遊子さんが教えるブライダル成功のポイント 花嫁アドバイザー 山口遊子さんが教えるブライダル成功のポイント

山口遊子
スタイルプレゼンター

ミス・ユニバース日本代表に選ばれたのち、国際的なモデルとして活躍。モデル引退後は、自身のブライダルサロンをオープン。
ドレスブランドのディレクションなどを手がけ、ブライダル雑誌では、花嫁へのアドバイザーとして活躍している。

Bridal Inner 6ヶ条 Bridal Inner 6ヶ条

メリハリこそがドレスの醍醐味!

ドレスを素敵に着こなすために欠かせないのが、美しい姿勢と"ボン、キュッ、ボン"のメリハリボディ。女性らしい胸もととすっきりしたウエストから腰のくびれが手に入るブライダルインナーは、花嫁のマストアイテム。ブライダルインナーを上手に使いこなして、アクトレスライクな花嫁をめざしましょう。

  • ボーンが入っているブライダルインナーは、長時間きれいな姿勢をキープするのに役立ちます。
  • ドレスをレンタルするなら、エチケットとして、肌が直接ドレスに触れないようブライダルインナーを身につけたいもの。
  • ペチコートは、ハリのあるパニエからお肌を守ってくれる便利なアイテム。
  • 挙式当日の着替えの際は、まわりに美容師さんたちがいらっしゃいます。そこでショーツ1枚というのは気恥ずかしいので、ペチコートやガードルなど、もう1枚をマナーとして身につけましょう。

ドレスが決まったらブライダルインナーをチェック!

デザインによって、胸もとや背中のあきが違いますし、素材によっても選ぶべきブライダルインナーが変わることも。ドレスが決まったら、速やかにブライダルインナーを購入しましょう。
オーダードレスの仮縫いや、レンタルドレスでも補整をしてもらう時には、必ずブライダルインナーを着用してください。

  • ワコールのブライダルインナーは、通常のブラジャーのバックラインよりも低くつくられているので、背中が大きくあいたドレスにもぴったりです。
  • ただし、インポートのドレスなどは、意図的に背中を大きくあけた大胆なデザインのものも少なくありません。ドレスと相性のいいブライダルインナーを選びましょう。
  • ドレスを試着した時は、背中、胸もと、脇の下のあたりなどを撮影しましょう。写真をブライダルインナー売場に持参すると確認しやすいので、インナー選びがスムーズです。
  • ドレスの試着では、ドレスショップの下着をつけることになります。気になるようであれば、ドレス選びの前にからだに合うブライダルインナーを購入しておくのもいいでしょう。
  • その場合は、ドレスにひびきにくいシンプルタイプがおすすめです。

からだにもドレスにも合うブライダルインナーを!

バストメイクとウエストメイクを一度にかなえてくれるのがロングラインブラジャー。 胸もとがシンプルなデザインや薄い素材など、インナーがひびきやすいドレスには、シンプルタイプがおすすめ。
さらにピンポイントでウエストマークできるブラジャーとウエストニッパーの組み合わせは、背の高い方には特におすすめです。
からだにもドレスにもベストマッチのブライダルインナーを選んびましょう。

  • 妊娠中の方のブライダルインナーは、店頭のビューティーアドバイザー(ワコールの販売員)にご相談を。挙式の時期と照らし合わせ、きちんと採寸してからご購入ください。
  • 妊娠前と比べて、平均的に妊娠5カ月で1カップ、出産時で2カップ、ブラジャーのカップサイズがアップすると言われています。アンダーサイズも変化します。
  • マタニティインナーの多くは、通常のブライダルインナーよりもサイズ調整幅が広く、サイズ変化にも対応できるようになっています。

美しい胸もとにはパッドを活用すべし!

パッドはただバストを大きく見せるための物にあらず。
左右差のあるバストをととのえたり、ドレスのバストラインに合わせたりするためにも、パッドを活用したいもの。
特に人気のベアトップのドレスは、バストが合わないとドレスが重みで下がりがち。
ドレスのバストラインに合うカップサイズのブライダルインナーを選んで、パッドで調整しましょう。

挙式までに着用してブライダルインナーに慣れて!

ブライダルインナーは上半身にボーンが入っていたりと、補整力が高いぶん、長時間着用していると思いのほか窮屈と感じることも。
挙式当日に初めて身につけて戸惑わないためにも、それまでに何度か身につけて慣れておきましょう。

挙式後だってブライダルインナーは大活躍!

ブライダルインナーは結婚式の時にしか出番がないと思っている人も多いようですが、挙式後にもファッションを楽しむために活躍するアイテム。
パーティシーンはもちろん、ボディラインが出やすいぴったりニットや、肩の出るトップスもきれいに着こなせます。
ブライダルインナーを活用して普段のおしゃれもスタイルアップして。

花嫁の心得 花嫁の心得

ブライダルインナーは必要?

ドレス姿をよりいっそう美しく見せるためにも、ボディラインをととのえてくれるブライダルインナーは必要アイテムです。
それ以外にも、ボーンが入っていることで、長時間きれいな姿勢をキープするためにも役立つと思いますし、レンタルドレスなら肌が直接ドレスに触れないよう、エチケットとしてもインナーを身につけたいものですね。

いつ購入すべき?

ドレスのデザインによって、胸もとや背中のあきも違いますから、ドレスを選んでから購入するほうが良いでしょう。
ただし、試着の段階では、ドレスショップの下着をつけることになりますので、「他人が身につけた下着は、ちょっと...」と思われる方は、ドレス選びの前にからだに合うインナーを購入しておくのもいいでしょう。
その場合は、どんなドレスでもひびく心配の少ないシンプルタイプをおすすめします。

ペチコートはなぜ必要?

硬めのパニエだと、脚にあたった時に、チクチクして不快なこともありますから、ペチコートはお肌を守る役割もあります。
また、お着替えの際には、美容師さんなどもいらっしゃいますから、ショーツ1枚というのも気恥ずかしいもの。ペチコートかガードルなど、何かもうひとつマナーとしても身につけておきたいですね。

ドレスからインナーがはみ出さない?

ワコールのブライダルインナーは通常のブラジャーのバックラインよりも低く作られています。日本のメーカーのドレスであれば、よほど意図的に背中を大きくあけたデザインのドレスでない限り、ドレスからはみ出してしまうことは少ないと思われます。
ただし、インポートのドレスなどは、大胆なデザインのものも少なくありませんから、念のために、ドレスを試着した時に、後ろ姿、胸もと、脇の下のあたりなど、写真を撮ってインナー売場に持参し、確認してから購入するといいでしょう。

妊娠中。どうインナーを選べばいい?

平均的には、妊娠前から比べて、妊娠5カ月で1カップ、出産時で2カップ、ブラジャーのカップサイズがアップすると言われています。
アンダーサイズも変わりますが、マタニティインナーは通常のブライダルインナーよりもサイズ調整幅が広く、サイズ変化にも対応可能になっていることが多いです。
挙式の時期と照らし合わせ、店頭のスタッフに相談のうえ、きちんとサイズを測ってもらってから購入してください。

< HOMEへ戻る