インフォメーション/Information

【研究誌】 2016.11.02 Update

研究誌『Fashion Talks...』4号 発行のお知らせ/ Information on "Fashion Talks..." vol.4

©The Kyoto Costume Institute 研究誌『Fashion Talks...』第4号を発行いたしました。 We published our bi-annual bulletin "Fashion Talks..." … 全文を読む/English »
【展覧会のお知らせ】 2016.10.17 Update

クレムリン美術館との共催展、オープンしました

9月29日(木)、モスクワ・クレムリン美術館との共催展"Elegance and Splendour of Art Deco. The Kyoto Costume Institute, Jewelry Houses Cartier and … 全文を読む/English »
【その他】 2016.10.06 Update

「matohu 日本の美意識を生活にいかす」にアソシエイト・キュレーター 筒井直子がコーディネーターとして参加します

京都服飾文化研究財団アソシエイト・キュレーターの筒井直子が、ワコールスタディホール京都にて、matohu(堀畑裕之/関口真希子)を講師に迎えて開催される講座「matohu 日本の美意識を生活にいかす」にコーディネーターとして参加します。奮っ… 全文を読む/English »
【KCIギャラリーのお知らせ】 2016.09.23 Update

収蔵品紹介22:教育者としてのデザイナー:山脇敏子の軌跡を辿って/"Pick up from The KCI's collection, No.22" at The KCI Gallery

 戦後日本社会における「ファッション・デザイナー」と呼びうる職業の歴史を顧みると、そこにはいくつかの形象の変遷が浮かび上がってきます。とくに既製服の普及、JIS規格に基づいたサイズの標準化、ファッション誌『an・an』と『non・no』の創… 全文を読む/English »
【研究スタッフ】 2016.09.20 Update

名誉キュレーター・深井晃子とアントワープ・モード美術館キュレーターの対談記事が掲載されました

オンラインマガジン『Kvadrat Interwoven』(www.kvadratinterwoven.com)に、名誉キュレーター・深井晃子とアントワープ・モード美術館キュレーター・Karen van Godtsenhoven氏との対談が… 全文を読む/English »