教育普及活動 / インフォメーション

【インフォメーション】 2011.11.02 Update

シンポジウム「KIMONOの影響力」を開催します

*本シンポジウムは終了しました。2011/11/28

19世紀後期、日本の開国と共に西欧に紹介された日本文化は、「ジャポニスム」と呼ばれる日本熱を呼びました。浮世絵がヴァン・ゴッホに影響を与えていたことや、ガレやティファニーによる工芸品に日本の影響が濃いことは、既によく知られています。
このとき西欧モードも日本に大きな影響を受けていたことを、KCIは「モードのジャポニスム」展(1994年)によって明らかにし、以降、この研究を深化させてきました。
このたび、シンポジウム「KIMONOの影響力:ジャポニスムを背景として」によって、ジャポニスム研究者と共同で取り組んだ新しい研究成果を発表することになりました。
皆様のご参加をお待ちしております。

題名/シンポジウム「KIMONOの影響力:ジャポニスムを背景として」
日時/11月26日(土)13:30-17:00
会場/学校法人 文化学園B201 ホール
主催/公益財団法人京都服飾文化研究財団(KCI)、文化学園大学文化ファッション研究機構
企画/服飾文化共同研究拠点
   「ジャポニスムを背景とした着物の欧米における影響についての研究」
参加料/無料
定員/100 名 (事前申込制)
   ご氏名、ご連絡先の電話番号とともに、お電話にてお申し込みください。
受付/公益財団法人 京都服飾文化研究財団 075-321-9221(℡)
受付時間/午前9 時半~午後5 時(土日を除く)
  ※先着順とし、定員に達した場合は締め切りとさせて頂きます。
   個人情報は本シンポジウムのみ使用いたします。
パネリスト/長崎巌(共立女子大学教授)、稲賀繁美(国際日本文化研究センター教授)、
   リカル・ブル(バルセロナ大学教授)、深井晃子(KCIチーフ・キュレーター)、
   周防珠実(KCIキュレーター)、石関亮(KCIキュレーター)

申し込み等詳細はこちら