開催予告

女性の「からだ」と「こころ」を科学する 乳房文化研究会 トップへ

定例研究会

受付終了
20周年 特別研究会
Message from 3.11
母乳でつなぐ命 part2
2012年1月28日

乳房文化研究会20周年 特別研究会
「Message from 3.11  母乳でつなぐ命 part2」

日時:2012年 1月 28日(土) 13:30~17:30
場所:(株)ワコール本社ビル 
定員:200名    参加費:無料

 3月11日に発生しました震災を受けて、乳房文化研究会として、今、私達ができること、私達が考えるべきことは何なのかを模索する中で、6月、10月に講師をお招きし、災害時の育児支援や被災地の実態についてお話をいただきました。引き続き、会として「母乳を守り、母体を守り、授乳を守る。そして次の世代にどうつないでいくのか」をテーマとし勉強会を開催します。

■講師・講演テーマ

●田代 眞一
 問題提起 「環境汚染と母乳哺育」

 乳房文化研究会 会長

  

●安斎 育郎 先生
 「からだのなかの放射能」 

 安斎科学・平和事務所所長 /立命館大学 国際平和ミュージアム 名誉館長
・原発や放射能の専門家として、長年、原水爆禁止運動に取り組む。
 核・被爆者問題に精通し、平和問題のコメンテーターとしても活躍
・2011年4月 「安斎科学・平和事務所」(Anzai Science & Peace Office,
 略称:ASAP)を開設
・『からだのなかの放射能』 『科学と非科学の間』 『放射線と放射能』など
 著書多数

  

●鎌田 實 先生
 「いのちのバトン」

 諏訪中央病院名誉院長  /日本チェルノブイリ連帯基金(JCF )理事長
・37年間、医師として地域医療に携わり、そのかたわら、チェルノブイリ救援活動、
 イラクへの医療支援に取り組む。1991年より20年間、ベラルーシ共和国の
 放射能汚染地帯へ94回の医師団を派遣(JCF)
・ベストセラー『がんばらない』をはじめ、
 『アハメドくんのいのちのリレー』(以上集英社)、
 『よくばらない』(PHP研究所)、
 『ウェットな資本主義』(日本経済新聞出版社)、
 『チェルノブイリ・フクシマ―なさけないけどあきらめない』(朝日新聞出版)、
 『希望』(東京書籍)など著書多数。

  

■パネルディスカッション   総合質疑・ディスカッション

●コーディネーター 北山 晴一 常任運営委員/大阪樟蔭女子大学 教授


※18時より講師の先生方との交流会(1時間程度)も予定しております。



▲ 上に戻る