開催予告

女性の「からだ」と「こころ」を科学する 乳房文化研究会 トップへ

定例研究会

受付終了
オキシトシンと乳房
2017年1月21日(土)

乳房文化研究会 定例研究会
オキシトシンと乳房

日時:2017年 1月21日(土) 14:00~17:40
場所:(株)ワコール 新京都ビル内
「ワコールスタディホール京都」 2F スタディルーム(京都駅八条口より徒歩7分)
定員:100名    参加費:無料

乳房や妊娠・出産・育児と密接な関係のホルモンである「オキシトシン」。
最新の科学研究により、「オキシトシン」は私たちの感情や行動を変化させることが
分かってきました。
「オキシトシン」の不思議な機能、その役割や最新の研究について、
また、出産現場におけるケアについて勉強する会を開催いたします。

■講演テーマ・講師
「オキシトシン -周産期の現場から―」
●大田 康江 氏
(おおた やすえ)
順天堂大学 医療看護学部 助教

「行動や感情も変える! オキシトシンの不思議」
●兼子 将敏 氏
(かねこ まさとし)
NHK 科学・環境番組部 チーフディレクター

■パネルディスカッション
●コーディネーター
河田 光博 運営委員
佛教大学 保健医療技術学部 教授 / 京都府立医科大学 名誉教授
●パネリスト
  大田氏、兼子氏

※ 研究会終了後 、講師とご参加の方々との「参加者交流会」(自由参加・無料)
を短時間で行います。

▲ 上に戻る