開催予告

女性の「からだ」と「こころ」を科学する 乳房文化研究会 トップへ

定例研究会

受付終了
現 代 日 本 の 授 乳 と 子 育 て
2018年 1月20日(土)

乳房文化研究会 定例研究会
現代日本の授乳と子育て

日時:2018年 1月20日(土) 14:00~17:40
場所:「ワコールスタディホール京都」 2F スタディルーム
(株)ワコール 新京都ビル内(京都駅八条口より徒歩7分)
定員:100名 (定員になり次第、締め切ります)    参加費:無料

近世から現代までの日本の授乳・育児事情について学び、
いのちをつなぐ営みとしての授乳の意味、現代社会における授乳の位置づけ、
授乳・育児を含む家事労働に関する現代社会の問題点を考える会を開催します。

■講演テーマ・講師
江戸の乳と子どもの「いのち」
●沢山 美果子
先生(さわやま みかこ)
 岡山大学大学院 社会文化科学研究科 客員研究員

家事労働ハラスメント ~生きづらさの根にあるもの~
●竹信 三恵子
先生(たけのぶ みえこ)
 和光大学 現代人間学部現代社会学科 教授

■パネルディスカッション
●コーディネーター
川添 裕子運営委員
松蔭大学 コミュニケーション文化学部 教授

●パネリスト
沢山先生、竹信先生
有本尚央先生
甲南女子大学 人間科学部文化社会学科 講師

※ 研究会終了後 、ご参加のみなさまとの「参加者交流会」(自由参加・無料)を
   短時間で行います。
   お時間が許せば、ご出席くださいますようご案内いたします。

ぴかぴか(新しい)乳児同伴でもご参加いただけます。
  会場をモニタリングした別室を用意しています。
  ただし、乳児以上の幼児・児童の方は、お子様が退屈されると思いますので、
  ご同伴は極力ご遠慮ください。
  託児のための十分な設備やスタッフを用意できませんので、ご理解・ご協力を
  お願いします。(詳しくは事務局までお問合せください)
 ・乳児のご同伴がある場合は、「乳児同伴」と明記の上、お申込みください。

▲ 上に戻る