ワコール

ホーム > 上流下着のつどい > 乳房(にゅうぼう)に着ゴコチのいいブラを!

上流下着のつどい~自分へのご褒美に、上質なランジェリーを。下着を楽しむ贅沢エッセイ|ワコール

相川 藍(あいかわ・あい)
言葉家(コトバカ)。ランジェリー、コスメ、ワイン、イタリアを愛し、広告コピーからコラム、書評、小説(「ガーター・モモ物語」など)まで言葉と格闘中。月刊公募ガイドで「コトバカっ!」、Book Japanで新刊書評を執筆中。

美しさへの階段をのぼりつつあるあなた。ひとつ目標をクリアしたら、自分へのご褒美は「上質な下着」。さあ、あなたも当サロンで、あこがれのランジェリーの深遠な魅力や、そこに秘められた意外なエピソードに肉薄してみませんか?

097 乳房(にゅうぼう)に着ゴコチのいいブラを!

ポールダンスを鑑賞し、乳房について考えた。

医学博士の田代先生による基調講演  乳房文化研究会というユニークな会が主催する出版記念イベントに行ってきました。四半世紀の歴史を持ち、乳房(にゅうぼう...アカデミックな響きです!)を中心に、女性のからだとこころについて、さまざまな分野の専門家が意見交換や講演活動をおこなっている研究会です。今回出版されたのは『乳房の科学〜女性のからだとこころの問題に向きあう』(朝倉書店)。医療から美容、下着まで、科学的かつ人間的な論考を集めた本なのです。
 この記念すべきイベントが開かれた場所は「ワコールスタディホール京都」。昨年秋の開館以来、身体の美、感性の美、社会の美の3つのテーマを軸とした多彩な講座やコワーキングスペースが人気を集めている学びのスポットで、特筆すべきは、美に関する3,800冊超の本が並ぶライブラリー。久しぶりに訪れ、乳房つながりで「健やかな体」の棚を見ていたら、ヌード、ファッション、栄養学と、身体の美をめぐる周辺ジャンルの本につながり、頭がほぐされていきました。アイディアをストックするには絶好の環境ですね。

「ワコールスタディホール京都」のパブリックスペース&ライブラリー  イベントの内容も、ライブラリーと同様、硬軟とりまぜた刺激的なものでした。佛教大学教授の河田光博先生は、乳房の複雑な構造とその意味をわかりやすく解説し、「赤ちゃん猿は、針金でつくった母親の模型(乳が出る)よりも、やわらかい母親の模型(乳が出ない)を選ぶ」という有名な実験結果なども紹介。立教大学名誉教授の北山晴一先生は「乳房(おっぱい)にこころはあるか」という、哲学的な問いを投げかける講演をされました。
 お話の合間には特別パフォーマンスも。その中身は、4人のダンサーと司会による、ポールダンスおよびエロティックフリースタイルのダンスでした。生でポールダンスを見るのは初めてという人も多く(私もそう)、セクシーな衣装でアクロバティックなポーズを次々と決めていく高度なパフォーマンスに、会場は釘付け状態。ダンサーたちの対談や質疑応答の時間もあり、まさに、女性のからだとこころにディープに向き合えたイベントでした。
セクシーで躍動感あふれるポールダンス

気持ちのいいブラは、女性を幸せにする。

 今回出版された本は、「しくみ-成熟する乳房」「医療-よみがえる乳房」「授乳-いのちを育む乳房」の3部構成で、写真や図解も豊富。これ1冊で包括的にバストの知識が得られる「乳房の教科書」といえそうです。ワコール人間科学研究所の成果をまとめた「成長と加齢による体型変化」や、ワコール・ツボミスクール講師によるコラム「少女がいだくバストの変化への不安」も収録されていますし、医療編では、乳がんについて詳しく書かれています。
 乳がんの原因、治療の歴史、新しい治療の考え方や乳房再建術については、知らなかったことも多く、非常に勉強になりました。この本では、さらに「乳房再建と美容整形のための乳房手術とは、どこに差があるのか」ということについても考察されています。さまざまな理由で乳房の整形手術を受けた女性への聞き取り調査をもとに、乳房と美容整形の意味と経験について検討した章は、その心情がとてもリアルに伝わってくるものでした。
これ一冊で乳房のプロになれそう
 乳房の感覚についての論考の中には「乳房は下着表面のテクスチャーがよくわかるので、気持ちのいい素材を使ってブラジャーをつくると、女性は大きな幸福感に包まれるのではないか」とありました。ここは全面的に賛同したいところですね。気持ちのいいブラが増えている昨今、女性の幸福度が上がっていることは間違いないでしょう。バストはからだ全体、そして、こころともつながっていることが、改めて理解できたような気がします。
 ちなみに最近、私を大きな幸福感で包んでくれているブラのひとつが、「ゴコチ(GOCOCi)」のハーフトップ(ラウンドタイプ)です。軽くてのびがよく、さらりとした着ごこちのよさは、感動レベル。左右のカップがつながったピーナッツ型パッドは、ずれることがない上、バストメイク機能も優秀。肩の部分も、何のストレスもなく快適にフィットしてくれます。以上は個人的な感想になりますが、あなたの大切な乳房にもぜひ、幸せのごほうびを!
モニターさんの満足度も高いゴコチのハーフトップ
■女性の「からだ」と「こころ」の科学 | 乳房文化研究会
http://www.wacoal.jp/c/nyubou-bunka/index.html
■ゴコチ(GOCOCi)
http://www.wacoal.jp/gococi/
■SPINNING JAPAN KYOTO POLE&DANCE STDIO
http://spinning-japan.com/