使っているデータについて

ツボミスクールでは、ワコール人間科学研究所のデータにもとづいた情報をお届けしています。

「ワコール人間科学研究所」とは

1964年の発足以来、4歳から69歳までの日本人女性のべ4万人以上のデータを集積しています。
なかでも、30年以上にわたり加齢変化を追跡調査したものは、他社にはない貴重なデータです。その活動は、商品開発から女性美の研究まで、多岐に及びます。

ワコール人間科学研究所



人間科学研究所に関するお問い合わせはコチラ

ツボミスクールでは、下記のようなデータを使用し、世代によって体型や成長のタイミングが違う事を紹介しています。

2000年8月に、ワコール人間科学研究所と京都女子大学生活造形学科で10代の体型変化の共同調査を行いました。
10歳から18歳の女性数百名を1980年と2000年に計測したところ、下記のような変化が見られました。


①からだ全体〜バストは豊かに プロポーションはほっそり〜

①からだ全体

②バストの成長〜11歳の数値に大きなひらきがみられます〜

②バストの成長

ご予約・お申し込みの前に、
まずはQ&Aでお悩みを解決。

Q&Aはコチラ