ワコール

ホーム > ワコールニュース&トピックス > メディア掲載情報  > vol.1 ブラのつけ方で損してない?

ワコール

  • 検索
  • 店舗検索
  • クリップ

クリップとは?

CLOSE

クリップとは

後でもう一度見たいページや、お気に入りのページを10件まで登録できる機能です。
登録したページは「クリップ」の一覧より直接アクセスできます。

閉じる

メディア掲載情報

メディア掲載情報

2014.11.27

vol.1 ブラのつけ方で損してない?

つけ方次第では残念なバストメイクに

ワコールの調査による円グラフを見てもわかる通り、ブラのつけ方をよく知らない人や、もったいないブラのつけ方をしている20代の女性はとても多いよう。でも、どんなにバストメイク効果のあるブラでも、間違ったつけ方をしていては本末転倒。ブラのつけ方が悪いと脇の肉がはみ出たり、ストラップがずれ落ちたりして、つけごこちも悪いうえに、バストまわりがだらしなく見えてシルエットもきれいに出せません。
ブラは毎日身につけるもの。カラダに合ったサイズのブラを選ぶことは大前提ですが、正しいつけ方を知ることもキレイへの近道! この機会にぜひ覚えて実践しましょう。

正しくブラをつけるとバストへの意識も高まる!

ブラの正しいつけ方を習慣づけておくと、バストがアップしたり、ボリュームアップしたりと、見た目が美しくなるだけでなく、自分のバストにもっと関心を持てるようになるはず。実は女性特有の乳がんは日本女性の14人に1人がかかる病気で、乳がん検診による早期発見が大きなカギを握っています。その第一歩となるのがセルフチェック。365日きちんとブラをつけると、自然と毎日胸に触れることになり、微妙な変化に気づくことにもつながるかも。「忙しいから」「まだ大丈夫」と思っている人も、ブラをきちんとつけることから始めてみて。店頭で試着してアドバイスを受ければ、自分に合ったブラとつけ方をよりちゃんと学ぶことができます。
毎日正しくブラをつける。たったそれだけで美しさが手に入り、早期発見につながるかもしれないなんてまさに一挙両得!

もっとおトク info

試着で、プチ社会貢献!
ワコールグループの売場では、毎年10月に「ピンクリボン・フィッティング・キャンペーン」を実施。期間中、ブラを1枚ご試着いただくごとに10円をワコールが日本対がん協会に寄付し、それは乳がんの検診機器「マンモグラフィ」の導入などに役立っています。ご試着いただいた方には「ピンクリボン オリジナルチャーム」をプレゼント。試着するだけでできるプチ社会貢献、あなたもぜひ!
2012年のキャンペーン参加者は約188,000名で、試着枚数は約496,000枚にのぼりました。

ピンクリボン・フィッティング・キャンペーン
2013.10.1(火)~10.31(木)
ワコールの売場でぜひご試着を!
詳しくはこちら http://www.wacoal.jp/pink_ribbon

日経ウーマン2013年11月号に
掲載された内容です。

その他の掲載記事はこちらから