ワコール

ホーム > ワコールニュース&トピックス > ニュースリリース  > 「面接官109人に聞いた 姿勢が採用面接時に与える影響に関する調査」

ワコール

  • 検索
  • 店舗検索
  • クリップ

クリップとは?

CLOSE

クリップとは

後でもう一度見たいページや、お気に入りのページを10件まで登録できる機能です。
登録したページは「クリップ」の一覧より直接アクセスできます。

閉じる

ニュースリリース

ニュースリリース

2014.03.05

「面接官109人に聞いた 姿勢が採用面接時に与える影響に関する調査」

 そこまで見てる!?姿勢の崩れに96%の面接官が気づいている!
~ 姿勢を維持するカギは"歩き方"にあり!~

オムロンヘルスケア株式会社と株式会社ワコールによる「女姿力向上プロジェクト」は、就職活動が本格化する中、新卒採用の面接官109人に対して、姿勢が採用面接時に与える影響に関する調査を実施いたしました。同時に、女子大学生20名を対象にグループ面接時での姿勢の維持に関する実験を行いました。
 「女姿力向上プロジェクト」は、キレイな姿勢を通して、女性本来の美しさを引き出すために"美"や "健康"の原点である"歩き方"が持つ力を日本中の女性に広めていくべく、オムロンヘルスケア株式会社と株式会社ワコールが立ち上げた取り組みです。
調査の結果、新卒の就活生の面接時において「見た目」は採用に影響を与え、その「見た目」には「姿勢」が大きく関係することがわかりました。面接時に「姿勢」が良いと「礼儀正しい」「コミュニケーション能力が高そう」という印象を与える一方で、姿勢が崩れると「だらしがない」「ストレスに弱そう」などマイナスなイメージを持つという結果もわかりました。
また、女子大学生20名に実施した、30分間のグループ面接時での姿勢の維持に関する実験では、歩行姿勢が良い参加者は、歩行姿勢が悪い人よりも長時間、キレイな姿勢を維持できるという結果となりました。



※詳細はリリース(PDF)をご覧ください。



★詳しいデータと画像は、こちらでご覧になれます。
(このファイルは、PDFファイルのためアクロバットリーダーが必要です。アクロバットリーダーのダウンロードはこちらから