ワコール

ホーム > ワコールニュース&トピックス > ニュースリリース  > 外国人男性に聞いた日本人女性の歩き方に関する調査【オムロンヘルスケアとワコールの共同プロジェクト】

ワコール

  • 検索
  • 店舗検索
  • クリップ

クリップとは?

CLOSE

クリップとは

後でもう一度見たいページや、お気に入りのページを10件まで登録できる機能です。
登録したページは「クリップ」の一覧より直接アクセスできます。

閉じる

ニュースリリース

ニュースリリース

2015.01.20

外国人男性に聞いた日本人女性の歩き方に関する調査【オムロンヘルスケアとワコールの共同プロジェクト】

オムロンヘルスケア株式会社 株式会社ワコール 2015年1月20日オムロンヘルスケア株式会社(本社:京都府向日市、代表取締役社長:宮田喜一郎)と株式会社ワコール(本社:京都府京都市、代表取締役社長:安原弘展)による「女姿力(じょしりょく)向上プロジェクト」は、東京オリンピック決定で日本が海外から注目を浴びる中、外国人男性に聞いた日本人女性の歩き方に関する調査を実施しました。
「女姿力向上プロジェクト」は、キレイな姿勢を通して、女性本来の美しさを引き出すために"美"や "健康"の原点である"歩き方"が持つ力を日本中の女性に広めていくべく、オムロンヘルスケアとワコールが2014年3月に立ち上げた取り組みです。
調査の結果、外国人男性のほとんどが日本人女性のことを「カワイイ(Kawaii)」と思っている一方、日本人女性の歩き方については、「残念でカワイくない」と感じていることがわかりました。歩き方のシーンでは特に、ハイヒールを履いて歩く姿が「不恰好である」と感じており、ハイヒールを履いた不恰好な歩き方の日本人女性の横に並んで歩くことは、「できれば一緒に歩きたくない」「はずかしい」など、ネガティブな気持ちになるという結果になりました。
「女姿力向上プロジェクト」では、日本人女性の不恰好な歩き方を「モッタイナイWalk(ウォーク)」と名付け、正しい歩き方を提唱していくことで、日本人女性がより美しく健康になるよう取り組んでまいります。

★詳しいデータと画像は、こちら でご覧になれます。
(このファイルは、PDFファイルのためアクロバットリーダーが必要です。アクロバットリーダーのダウンロードはこちらから