ワコール

ホーム > ワコールニュース&トピックス > ニュースリリース  > イマドキの10歳女子に迫る『10歳キラキラ白書』発表!

ワコール

  • 検索
  • 店舗検索
  • クリップ

クリップとは?

CLOSE

クリップとは

後でもう一度見たいページや、お気に入りのページを10件まで登録できる機能です。
登録したページは「クリップ」の一覧より直接アクセスできます。

閉じる

ニュースリリース

ニュースリリース

2016.03.03

イマドキの10歳女子に迫る『10歳キラキラ白書』発表!

d14877-1-917377-9.jpg

株式会社ワコールは、身体面、環境面ともに大きな変化が生まれる"10歳"の女の子たちにとって大切なことを伝える「『10歳の未来』プロジェクト」活動を行っています。この度、当プロジェクトの活動の一環として、"10歳"前後の女の子のイマを切り取った『10歳キラキラ白書』を発表いたします。
"10歳"は、女の子にとって「身体」が変化しはじめる時期であり、「環境」や「心」の面でも大きな変化を迎える時期。さまざまな情報が取り巻く中で、親との意識のギャップなども生じはじめる状況をふまえ、子どもたちと、その親世代に対しても、正しい情報を届けていくことが重要と考えています。学校では高学年となり、今まで形成されてきた自分と親との関係から、徐々に友達とのコミュニティーが広がっていきます。また、身体の変化だけではなく、様々な環境の変化により、親と物理的な距離だけではなく、心理的な距離が広がっていきます。
本白書は、"10歳"という年齢を、様々な変化がはじまる歳"はじめ年齢"と定義し、編集。「カラダ編」・「ココロ編」・「トモダチ編」・「カゾク編」のテーマごとに、イマドキの"10歳"事情に迫っています。『10歳キラキラ白書』からは、"10歳"という年齢は大きな変化に直面する時期で、以降、親との接点が少なくなっていくことが分かりました。さらに今回、法政大学心理学部の渡辺弥生教授にご協力いただき、10歳前後の子どもとのコミュニケーションのあり方を探ってみました。キーワードは、"傾聴"と"共感"。子どもの成長を支える上で、この2点が大きなポイントになりそうです。


★詳しいデータと画像は、こちら でご覧になれます。
(このファイルは、PDFファイルのためアクロバットリーダーが必要です。アクロバットリーダーのダウンロードはこちらから