ワコール

ホーム > ワコールニュース&トピックス > ニュースリリース  > 「経団連推薦社内報」優秀賞を2年連続で受賞

ワコール

  • 検索
  • 店舗検索
  • クリップ

クリップとは?

CLOSE

クリップとは

後でもう一度見たいページや、お気に入りのページを10件まで登録できる機能です。
登録したページは「クリップ」の一覧より直接アクセスできます。

閉じる

ニュースリリース

ニュースリリース

2016.03.14

「経団連推薦社内報」優秀賞を2年連続で受賞

 株式会社ワコールホールディングス(本社:京都府京都市、代表取締役社長:塚本能交)の社内報「知己」が、一般社団法人日本経団連事業サービス 社内広報センター主催の2015年度「経団連推薦社内報」審査において、優秀賞を受賞しました。昨年に続き2年連続の受賞となります。
 本年度で50回を迎える「経団連推薦社内報審査」は、経営に真に役立つ社内報活動の推進を目的として、企画・内容や文章表現、レイアウトなどを総合的に評価し、優秀な社内報を年1回表彰する制度です。2015年度は256作品の応募があり、優秀賞4作品、総合賞26作品、特別賞11作品に加え、第50回記念特別表彰として3作品が選ばれました。
 1957年に創刊し、2015年1月号で創刊630号を迎えた社内報「知己」は、隔月で約8,000部を発行しています。グループの経営理念や目標の浸透、経営者からのメッセージの共有、社員の一体感の醸成、社内コミュニケーションの活性化を目的として、全国のワコールグループ社員に配布されています。審査員からは「企画の展開が多面的、重層的で、説得力がある」「大切なビジネスのデータやグラフから決算報告までが感覚的に理解でき、わかりやすい」「従業員が本音をぶつけ合う内容となっており、開かれた社風を感じる」ことが特徴的で、これらにより「編集方針である『従業員の"考動"を促す』につながっている」と評価され、受賞にいたりました。
 株式会社ワコールホールディングスでは今後も、企業価値・ブランド価値の向上に向けて社内報を含めたあらゆる広報活動の一層の充実を図って参ります。



★詳しいデータと画像は、こちら でご覧になれます。
(このファイルは、PDFファイルのためアクロバットリーダーが必要です。アクロバットリーダーのダウンロードはこちらから