ワコール

ホーム > ワコールニュース&トピックス > ニュースリリース  > 【ワコールのCSR活動報告:成長期の女の子のための"下着教室"】「ツボミスクール」受講者が15年で10万人を超えました

ワコール

  • 検索
  • 店舗検索
  • クリップ

クリップとは?

CLOSE

クリップとは

後でもう一度見たいページや、お気に入りのページを10件まで登録できる機能です。
登録したページは「クリップ」の一覧より直接アクセスできます。

閉じる

ニュースリリース

ニュースリリース

2016.06.09

【ワコールのCSR活動報告:成長期の女の子のための"下着教室"】「ツボミスクール」受講者が15年で10万人を超えました

株式会社ワコールは、2001年より、小学4年生から中学3年生の女の子とその保護者を対象に、成長期のからだの変化や成長に応じた下着の選び方などを分かりやすく伝える出張型教室「ツボミスクール」を行ってきました。主に関東と関西を中心に行った回数は、15年間で4500回以上におよび、受講者の総数はのべ10万人を超えました。(2016年3月末現在)
当初は子ども会などの民間の団体が主な連携先であった「ツボミスクール」ですが、参加者の口コミにより広く認知されるようになり、今は学校関係先からの要請が最も多く、全体の8割を占め、定例授業の中に組み込まれるケースも増えています。
今後もワコールでは、自社の強みを生かせる社会的活動として、「ツボミスクール」を通じ、女の子の大事な時期である成長期を見守っていくとともに、健康で美しい女性への成長を応援する"からだと下着の啓発活動"を展開していきます。


ツボミスクール開催の様子

★詳しいデータと画像は、こちら でご覧になれます。
(このファイルは、PDFファイルのためアクロバットリーダーが必要です。アクロバットリーダーのダウンロードはこちらから