ワコール

ホーム > ワコールニュース&トピックス > ニュースリリース  > 地方の下着小売店と協業する、新ビジネスモデル「ワコールガーデン」~8店舗目となる上越店が2016年12月5日にオープン~

ワコール

  • 検索
  • 店舗検索
  • クリップ

クリップとは?

CLOSE

クリップとは

後でもう一度見たいページや、お気に入りのページを10件まで登録できる機能です。
登録したページは「クリップ」の一覧より直接アクセスできます。

閉じる

ニュースリリース

ニュースリリース

2016.12.05

地方の下着小売店と協業する、新ビジネスモデル「ワコールガーデン」~8店舗目となる上越店が2016年12月5日にオープン~

株式会社ワコール(本社:京都市/社長:安原弘展)は、株式会社べるあみ(本社:新潟県上越市/社長:石田一裕)と協業し、カフェ併設のインナーウェアショップ「ワコールガーデン上越店」を2016年12月5日(月)にオープンします。
「ワコールガーデン」とは、地方小売店の支援と当地におけるお客様との接点開発を目的に、商店街の振興や街の活性化といった地方創生の一助となることを目指して、ワコールが提案する新しいビジネスモデルです。地方小売店が主体となって運営し、ワコールは店内の装飾や外観のデザインの提供、接客教育や来店促進へのアドバイスや、ワコールが持つ販売データから季節や顧客にあった商品展開、販促計画など、幅広くサポートしています。2014年3月、松山市内の銀天街にオープンした「ワコールガーデン松山店」を皮切りに、現在までに合計7店舗をオープン。8店舗目となる上越店も、これまでの店舗「べる・あみ」を「ワコールガーデン」としてリニューアルオープンします。
 また、ロードサイドに立地する「ワコールガーデン上越店」では、お客様にインナーウェアの買い物以外でも気軽に来店いただくことを目的として、カフェを併設。カフェスペースのデザインや装飾などについては、ネスレ日本株式会社がサポートし、本格的なコーヒーマシンによっていつでも淹れたての「ネスカフェ」をお楽しみいただくことができます。「ワコールガーデン」としてカフェ併設は今回が初めてで、地域のさまざまなお客様に長く愛されるお店となることを目指します。
地方小売店とワコールの協業業態である「ワコールガーデン」は、地域とのつながりを大切にしてきた地方小売店の強みを生かしつつ、それぞれの商環境の変化に対応し、顧客との接点を維持・拡大するビジネスモデルとして、2019年までに計 約20店舗の展開を目指します。


「ワコールガーデン上越店」

★詳しいデータと画像は、こちら でご覧になれます。
(このファイルは、PDFファイルのためアクロバットリーダーが必要です。アクロバットリーダーのダウンロードはこちらから