ワコール

ホーム > ワコールニュース&トピックス > ニュースリリース  > 「CSR調達ガイドライン」の制定について

ワコール

  • 検索
  • 店舗検索
  • クリップ

クリップとは?

CLOSE

クリップとは

後でもう一度見たいページや、お気に入りのページを10件まで登録できる機能です。
登録したページは「クリップ」の一覧より直接アクセスできます。

閉じる

ニュースリリース

ニュースリリース

2017.11.01

「CSR調達ガイドライン」の制定について

 株式会社ワコールホールディングス(本社:京都市、社長:塚本能交)は、グループ共通の調達方針として、人権、労働慣行、環境や倫理などの社会的要求事項への配慮を重視する企業との信頼関係に基づく取引を推進することなどを定めた「CSR調達ガイドライン」を制定しました。今月以降、国内外の調達先に対し、本方針の説明を実施し、協力を呼びかけます。

 本年1月、東京を拠点とする国際人権NGOから、当社子会社である株式会社ルシアンの調達先工場における労働環境の問題について指摘を受けました。当社は、この内容を重く受け止め、ただちに当該工場に対する独自の調査を実施して是正を求めるとともに、当社グループの調達プロセスにおける社会的責任活動の調査・見直しを目的とする「CSR調達プロジェクト」を発足しました。当プロジェクトでは、「CSR調達ガイドライン」を策定するとともに、調達先における本ガイドラインの取り組み状況をモニタリングする仕組みを整備し、継続的な改善活動を実施してまいります。まず、日本で販売する製品の80%程度をカバーする調達先を対象に実施し、順次、対象ブランド・地域を拡大します。並行して、原材料の調達先を対象に加える予定です。

 当社は、社会の期待に応え、調達先とともにCSR活動を推進することが、調達先と当社共通の利益を最大化し、双方の持続的成長に資するものと考え、今後も積極的な取り組みを展開します。

http://www.wacoalholdings.jp/csr/procurement.html

「CSR調達ガイドライン」の主な内容

1.組織統治-コンプライアンスと透明性の高い組織管理体制の構築
2.人権の尊重と人権侵害への非加担
3.健全な労使関係、労働安全衛生
4.環境保全への配慮
5.公正な競争と自他の財産権尊重
6.消費者の安全・安心の担保
7.地域社会との共生、社会貢献

「CSR調達プロジェクト」リーダー 取締役副社長 若林正哉のメッセージ

株式会社ワコールホールディングスとその連結子会社(以下当社といいます)は、「世の女性に美しくなって貰うことによって、広く社会に寄与する」ことを自らの社会的使命としています。当社は、社会の要請に応えてこのミッションを達成し、全てのステークホルダーとともに未来を築いていくにあたり、当社の事業活動によって生じうる負の影響についてもしっかりと把握し、これを回避・軽減する責任を負っていると考えています。
当社は、お客さまに愛される最高品質の商品を届けるため、理念や志を同じくするグループ内のサプライヤーだけでなく、原材料や商品を製造する多くのお取引先の協力を得ています。従って、当社が事業活動のあらゆる側面において社会的責任を果たしていくためには、当社商品の生産に関わる全てのお取引先と緊密なパートナーシップを築き、「品質」「価格」「納期」のみならず、「人権」「労働慣行」「環境」「倫理」などの社会的要求事項についても、お取引先とともに遵守・尊重しなければなりません。
このような認識の下、お取引先に当社の調達活動への理解を深めていただくとともに、CSR活動の推進にご協力いただくために、「CSR調達ガイドライン」を制定しました。
国内外における社会の要請に機敏に反応し、サプライチェーンに関わる全てのお取引先が協力して社会的責任を果たしていくことが、お取引先と当社共通の利益を最大化し、双方の持続的成長に資するものと考えます。お取引先各位におかれましては、本ガイドラインの趣旨をご理解いただき、自社内での取り組みを実践してくださいますことをお願い申し上げます。 また、皆さまのお取引先に対しても、同様のご理解、取り組み実践についてご要請をお願いいたします。

★詳しいデータと画像は、こちら でご覧になれます。
(このファイルは、PDFファイルのためアクロバットリーダーが必要です。アクロバットリーダーのダウンロードはこちらから