ワコール

ホーム > ワコールニュース&トピックス > ニュースリリース  > デザイナー 皆川明氏と建築家 中村好文氏がディレクションを担当する、京町家を活用した宿泊施設『京の温所(おんどころ)』を...

ワコール

  • 検索
  • 店舗検索
  • クリップ

クリップとは?

CLOSE

クリップとは

後でもう一度見たいページや、お気に入りのページを10件まで登録できる機能です。
登録したページは「クリップ」の一覧より直接アクセスできます。

閉じる

ニュースリリース

ニュースリリース

2017.11.07

デザイナー 皆川明氏と建築家 中村好文氏がディレクションを担当する、京町家を活用した宿泊施設『京の温所(おんどころ)』を2018年4月末、京都・岡崎エリアにオープン。

株式会社ワコールは、2018年4月末にオープンする京町家を活用した宿泊(※1)施設のディレクターにファッションブランド「minä perhonen(ミナ ペルホネン)」のデザイナー 皆川明氏と、住宅設計をはじめ家具デザイナーとしても活動する建築家 中村好文氏を迎えます。
ワコールが展開する宿泊事業は、グループ会社の株式会社ワコールアートセンターが運営するスパイラルと連携しています。デザイナーの皆川明氏と、建築家 中村好文氏がネーミングやコンセプトの設定、町家のリノベーションプランをはじめとする、全体のディレクションを担当。(※2)ロゴマークの制作や施設のコミュニケーションデザインには、アーティストの望月通陽氏とデザイナーの山口信博氏を迎えます。
宿泊施設の名称は『京の温所(おんどころ)』とし、京都の都市景観を特徴づける建築物である京町家の価値・特性を活かしながら、現代生活が共存する住空間としてリノベーションを施します。また、宿泊施設としての機能だけでなく、京都に息づく様々な文化やコミュニティと繋がる場を創出し、より印象深い滞在体験としてご提供します。
本事業では、ワコールが1946年の創業以来、京都の地で培ってきたネットワークとノウハウを活かし、魅力ある京都の街を次世代へと受け継ぐことも目的としています。京都とともに70年以上にわたり歩んできたワコールならではの視点で京都の魅力を発信します。
(※1)本事業の宿泊営業は、旅館業法上の許認可を得た簡易宿所営業に該当します。
(※2)設計者は物件ごとに異なります。



『京の温所(おんどころ)』ロゴデザイン

★詳しいデータと画像は、こちら でご覧になれます。
(このファイルは、PDFファイルのためアクロバットリーダーが必要です。アクロバットリーダーのダウンロードはこちらから