ワコール

ホーム > ワコールニュース&トピックス > 最新トピックス  > 【「勝負下着」に関する意識調査】気持ちを切り替える、スイッチを入れるための「第2の勝負下着」の存在が明らかに!

ワコール

  • 検索
  • 店舗検索
  • クリップ

クリップとは?

CLOSE

クリップとは

後でもう一度見たいページや、お気に入りのページを10件まで登録できる機能です。
登録したページは「クリップ」の一覧より直接アクセスできます。

閉じる

最新トピックス

最新トピックス

2016.11.08

【「勝負下着」に関する意識調査】気持ちを切り替える、スイッチを入れるための「第2の勝負下着」の存在が明らかに!

株式会社ワコールは、20代~40代の女性1,100名を対象に、女性の「勝負下着」に関する意識調査を実施しました。 調査結果から、女性の63.1%が"普段の日"と"ハレの日"で着用する下着を分けていることが分かりました。また勝負下着に関する質問では、「勝負下着」("対異性"を意識した)の所有は31.7%、自分のスイッチを入れるための「勝負下着」("対異性以外"の目的)の所有が51.0%と上回る結果になりました。この調査結果から、女性の過半数以上が自分のための「第2の勝負下着」を所有していることが明らかになりました。

なかでも40.8%の働く女性が、仕事で自分のスイッチを入れるための「勝負下着」を着用したことがあると回答。今や女性は「勝負下着」と「第2の勝負下着」を使い分けていることが分かりました。

【女性の「勝負下着」に関する意識調査】:トピックス
■あなたが普段の生活で「自分の気持ちを切り替える時(やる気スイッチを入れたい時など)」や 「ハレの日(特別な日)」のために、取り入れるアイテムとして衣類では「下着」がトップに。
■女性の63.1%が"普通の日"と"ハレの日"で下着を使い分け。年代別では20代(68.9%)、パートナーの有無では恋人がいる人(79.9%)、仕事でのポジション別では管理職(75.5%)のスコアが特に高い結果に。
■「対異性を意識した勝負下着」を所有している人の割合は回答者全体で31.7%。セグメント別では"20代"が40.1%、"恋人がいる"人が49.3%、"管理職"が50.0%で高いスコアを記録。
一方で「対異性以外の勝負下着」を着用したことがある人は回答者全体の51.0%となり、自分の気持ちを上げるための勝負下着を所有する実態が明らかとなった。
■有職者全体のうち、「仕事での勝負下着」を着用したことがある人は全体の40.8%。年代別では20代が48.3%で最も高い。役職別では管理職が58.5%で圧倒的に高い結果となっている。
■「仕事での勝負下着」として着用したことがあるものは、1位「上下お揃いのブラジャーとショーツ」65.7%、2位からは体のラインをキレイに見せるための下着を着用していることが分かった。
■「仕事での勝負下着」として「ガードルを着用したことがある」割合は有職者全体で29.2%。年代別では40代の着用率が最も高い。また、恋人や配偶者がいない人の着用率が特に低いことが判明。役職別では、管理職の着用率が47.9%で非常に高い。

【調査概要】
・地域:全国
・対象:20代~40代の女性計1,100名
(有職者:20代、30代、40代各300名/一般生活者:200名)
・調査時期:2016年10月
・調査手法:インターネット調査(ワコール調べ) あなたが普段の生活で「自分の気持ちを切り替える時(やる気スイッチを入れたい時など)」や「ハレの日(特別な日)」のために取り入れるアイテムとして、衣類では「下着」がトップに。 普段の生活で「自分の気持ちを切り替える時(やる気スイッチを入れたい時など)」や「ハレの日(特別な日)」のために、取り入れるアイテムでは1位「メイク(52.4%)」、2位「アクセサリー(39.1%)」、3位「髪型(36.2%)」という結果に。衣類関連の中では「下着(25.2%)」がトップという結果になりました。

Q.あなたが普段の生活で「自分の気持ちを切り替える時(やる気スイッチを入れたい時など)」や「ハレの日(特別な日)」のために、取り入れるアイテムはなんですか?あてはまるものをすべてお選びください。(複数回答)

女性の63.1%が"普通の日"と"ハレの日"で下着を使い分け。年代別では20代(68.9%)、パートナーの有無では恋人がいる人(79.9%)、仕事でのポジション別では管理職(75.5%)のスコアが特に高い結果に。 63.1%の女性が"普通の日"と"ハレの日"で、下着を使い分けるということが分かりました。20代、恋人がいる人、管理職が下着を使い分けるスコアが高く、下着でオンとオフを切り替えているのではないでしょうか。また「旅行(37.4%)」、「結婚式、二次会などのパーティー(35.1%)」、「女子会・ママ会(29.5%)」というシチュエーションで下着を変えることが多いということも分かりました。

Q.あなたは、下着を「普通の日」と「ハレの日(特別な日)」で使い分けて着用していますか?
Q.「自分の気持ちを切り替える時(やる気スイッチを入れたい時)」や「ハレの日(特別な日)」。それはどのようなシチュエーションですか?(複数回答)

「対異性を意識した」勝負下着を所有している人の割合は回答者全体で31.7%。セグメント別では"20代"が40.1%、"恋人がいる"人が49.3%、"管理職"が50.0%で高いスコアを記録。
一方で「対異性以外の理由」で勝負下着を着用したことがある人は回答者全体の51.0%となり、対異性ではなく、自分の気持ちを上げるための勝負下着を所有する実態が明らかとなった。
いわゆる対異性を意識した「勝負下着」よりも、対異性を意識していない、自分の気持ちを上げるための「勝負下着」の着用経験が高いという結果になりました。従来の「勝負下着」という考え方から「第2の勝負下着」という新しい下着の価値観が出てきたと言えるのではないでしょうか。また「第2の勝負下着」として体のラインをキレイに見せる下着」を着用したことがある女性は過半数以上という結果も出ています。

Q.異性とのデートやお出かけで身につける下着(対異性を意識した下着)を一般的に「勝負下着」といいますが、あなたは「勝負下着」を持っていますか?
Q「対異性以外の理由」で自分の気持ちを上げるため、特定の下着(勝負下着)を着用して自分にスイッチを入れるようなことはありますか?

有職者全体のうち、"仕事での勝負下着"を着用したことがある人は全体の40.8%。年代別では20代が48.3%で最も高い。役職別では管理職が58.5%と圧倒的に高い結果となっている。 働く女性に対し、仕事で大事な日や勝負の日などでの「勝負下着」の着用経験について質問したところ、4割以上が着用経験があると回答し、仕事においても「第2の勝負下着」の着用実態が見えました。管理職は約6割が着用経験があり、仕事におけるいくつもの壁を乗り越える中で、下着もスイッチングアイテムのひとつとして取り入れるようになっているのではないでしょうか。また20代の「仕事での勝負下着」の着用経験が約5割という年代別で最も高いという意外な結果が出てきました。

Q.仕事で、大事な日や勝負の日などに、自分の気持ちを上げるため、特定の下着(仕事での勝負下着)を着用して自分にスイッチを入れるようなことはありますか?

「仕事での勝負下着」として着用したことがあるものTOP5は、1位「上下お揃いのブラジャーとショーツ」65.7%、2位からは体のラインをキレイに見せるための下着を着用していることが分かった。

Q.あなたが「仕事での勝負下着」として着用したことがあるものをお答えください。(複数回答)

上下お揃いの下着がトップで、次いで体のラインをキレイに見せるための下着の着用が仕事における勝負下着として人気が高いことが分かりました。

"仕事での勝負下着"として「ガードルを着用したことがある」割合は有職者全体で29.2%。年代別では40代の着用率が最も高い。また、恋人や配偶者がいない人の着用率が特に低いことが判明。役職別では、管理職の着用率が47.9%で非常に高い。 「仕事での勝負下着」としてガードル着用経験者は約3割と、3人に1人が着用。20代、30代では約4人に1人が、40代は4割近くが仕事でガードルを勝負下着として着用したことがあると分かりました。

Q.あなたは「仕事での勝負下着」として「ヒップラインを整えるような下着(ガードル)」を 着用したことがありますか?

<参考調査:"勝負下着"の色所有TOP3>

<参考調査:

ポイント数は異なるものの、「異性を意識した勝負下着」、「対異性を意識した勝負下着」も「仕事での勝負下着」同様トップ3の人気の色は「黒」、「ピンク」、「ホワイト」がトップ3にランクイン。目的は異なりますが、女性が考える「勝負下着」の色に関しては共通しているということが分かりました。

関連サイト ガードルは第2の勝負下着であると考える。 Have a nice day with girdle
http://www.wacoal.jp/2ndgirdle/