乳がんってこんな病気

乳がんはどんな病気か、よく知らない方もまだまだ多くいらっしゃいます。乳がんは誰でもなる可能性があります。乳がんという病気についてまずは知ることからはじめましょう。

知っておきたい!!乳がんの基礎知識

女性のかかるがんの中で一番多いのは乳がん,30~64歳の女性において、死亡率が一番高いのも乳がん,日本人女性の生涯発生率はおよそ12人に1人,世界では60~80%に対し、日本人女性の検診受診率は約40%と低い水準,乳がんは早期発見&早期治療で90%以上が治る

出典:国立がん研究センターがん対策情報センター

そもそも乳がんってなに?

乳がんは乳腺(母乳をつくるところ)に発生する悪性腫瘍です。
症状は、しこり、痛み、血液が混じったような分泌物が出る、乳首のただれ、皮膚のくぼみ、赤く腫れたりオレンジの皮のように毛穴が目立つ、脇の下のしこり、など実にさまざまです。

乳房の組織図

乳がんに気づく症状とは?

早期の乳がんでは自覚症状はほとんどありません。進行とともに、乳房のしこりを筆頭に、痛み、乳頭からの分泌物、乳頭部のただれ、乳房の凹凸などの症状が現れます。これらの症状にどれか一つでも気づいたら、自己判断で終わらせずに、専門医に相談して必要な検査を受けることが大切です。

しこりと
硬さ

乳がんのしこりはゴリッとして、かなり硬い傾向があります。また、がんが周囲の組織に癒着するため、しこりがあまり動かないのも特徴です。しかし、自己判断は危険です。

乳房の
痛み

長期間にわたり痛みが生ずる場合に、乳がんが見つかることもあります。

乳頭からの
分泌

乳頭をつまんで、どちらか片方の乳頭(乳首)から、血液が混じったような茶褐色の分泌物が出る場合は乳がんのことがあります。

乳頭や
乳輪部の
ただれ

乳頭や、乳輪部にも湿疹やただれができることがあります。そのただれが治りにくく、かさぶたができたところに再びただれが起きることを繰り返している場合は、早期乳がんの可能性があります。

乳房の
えくぼ

がんが進行して悪化したときに、乳房にえくぼのようなへこみができることがあります。鏡に映してへこみが分かる場合と、乳房をつまんでへこみが分かる場合があります。

乳頭の変化

乳がんでは、乳頭が極端にへこんだり、引きつれたり、左右の乳首の高さが違うといった症状が出ることもあります。

皮膚の変化

がんが皮下のリンパ管に浸潤すると、皮膚が赤っぽくなって腫れたり、毛穴が目立って皮膚にオレンジの皮のような凹凸が現れたり、皮膚が熱っぽく感じられることがあります。

わきの下の
腫れや
しこり

乳がんがわきの下のリンパ節に転移すると、わきの下の腫れやしこりに指が触れることがあります。わきの下にしこりができたことで、神経が圧迫されて腕がしびれることがあります。

乳がんになりやすい要因

これまでの研究で乳がんにかかりやすい人に共通する要因がわかってきました。乳がんの発生には、遺伝的要因と環境的要因があります。以下の要因にあてはまる人はよりかかりやすい状況にあるので積極的に検診を受けるようにしましょう。
しかし、危険因子に当てはまる項目が多いからといって、 必ず乳がんになるというわけではありません。
逆に、当てはまる項目がゼロだからといって、 絶対に大丈夫とはいえません。

  1. 1:年齢40歳以上
  2. 2:授乳経験がない
  3. 3:初産が30歳以上(または出産経験がない)
  4. 4:閉経年齢が55歳以降
  1. 5:肥満(閉経後)
  2. 6:良性の乳腺疾患(特に増殖性、異型を伴うものになったことがある)
  3. 7:家族(特に母、姉妹)に乳がんになった人がいる
  4. 8:乳がんになったことがある