術後のクオリティオブライフ向上を目指して。

生活の質(QOL= クオリティオブライフ)向上と、
女性の「美しくありたい」という
気持ちを応援します。

1.元気に見えるメイクの技

治療中のアピアランス(外見)のお悩みに!山崎多賀子さんの元気に見えるメイクの技

美容ジャーナリストで、乳がんを経験した山崎多賀子さん。山崎さんご自身乳がん治療経験をもとに、全国がん治療施設や患者会で、元気に見えるメイクセミナーを行っています。
抗がん剤治療など副作用で、髪だけでなく眉やまつ毛が抜け、肌色もくすんでしまうことがあります。
元気に見えるメイクをマスターしてキレイになると、心が前向きになり、家族も笑顔に。治療しながら、仕事を続けることもできます。ここで、山崎さんに、全国患者さんたちに大好評メイクの技を教えていただきました。

⇒インタビュー・執筆/増田 美加(女性医療ジャーナリスト)
⇒山崎多賀子さん乳がん体験談インタビューはこちら。

このポイントを全部行っても、
慣れれば10分くらいで終わります。
もちろん、全部行わないで
取り入れたいところだけでもOKです。

(資料/山崎多賀子のキレイ塾より イラスト/Asami Kanaya)

眉の描き方

眉が抜けても、眉骨を意識して描けば骨格に合った眉を描くことができます。眉頭は左右対称に描くとより自然な仕上がりになります。そのポイントは、左右の眉頭の角度と太さ、高さが同じになるようにすることです。眉頭は、鼻筋からの自然な角度でスタートします。

眉頭
眉のスタート地点。目頭か目頭のやや内側の眉骨上にとります。
眉山
眉の一番高い場所。黒目の端から目尻の間にとります。
眉尻
眉が終わる場所。眉山から耳の上へ向かう角度で徐々に細くします。
眉頭の位置より少し上で終わるようにします。
アイラインと
アイシャドウの入れ方

黒のアイラインや、濃い色のアイシャドウで、まつ毛の代わりに上まぶたの輪郭を黒で強調すると目力が復活します。アイラインを綿棒でぼかすか、濃い色のアイシャドウを重ねるとくずれにくくなります。

チークの入れ方
  1. 元気な笑顔に見える位置に、頬紅を入れます。それは、笑ったときに筋肉が盛り上がる場所です。
  2. アンパンマンのように丸く入れ、頬骨に沿って薄くぼかします。
  3. 仕上げに、ハイライトを眼の下から、頬にかけて入れて、頬紅をぼかします。
    すると、頬紅の効果で筋肉が強調され、少し笑っただけでも、満面の笑顔に見える錯覚効果が得られます。
肌色のつくり方

副作用でくすんでしまった顔色をよくするには、下地にコントロールカラーを使って顔全体のくすみをとります。強いくすみにはオレンジ系がおすすめです。厚づきにならないようにつけるのがポイント。目尻の下のくすみを消すと、目が上がって元気に見えます。

口紅の選び方

口紅の色は、肌色が明るく見える色を選びます。ポイントは、グロスです。艶があるくちびるは、みずみずしく艶やかで、元気に見えます。

profile

やまざきたかこ/美容ジャーナリスト。永年に渡って美容と健康に関する取材、執筆を続ける。2005年に乳がんが発覚し、右乳房全摘出、同時再建、化学療法、分子標的薬治療、ホルモン療法を行ったのち、2012年、ホルモン療法終了。2014年11月、乳房再建部被膜拘縮のため、インプラント入れ替え術を受ける。NPO法人CNJ 認定乳がん体験者コーテディネーター。NPO法人キャンサーリボンズ理事。NPO法人女性医療ネットワーク マンマチアー委員会を毎月銀座で開催。著書に『「キレイに治す乳がん」宣言!』。WEB『がんサポート』で「いきいきキレイ塾」連載(7年目)。WEB『もっと知ってほしいがんと生活のこと』で「治療中でも元気に見えるメイクのコツ」http://www.cancernet.jp/seikatsu/appearance/を動画配信中。

2.術後はどんなブラジャーをつければいいの?術後の経過にあわせたブラジャーでバストシルエットをととのえる

手術をした後、
気になるバストシルエットをととのえるために、
術後の経過にあわせたブラジャーやパッドを
検討してみてください。

ブラジャー

【リマンマブラの特長】
胸もとの開きぐあいを3タイプご用意
幅広のストラップで肩への負担がかかりにくい
脇部分をより高めに設計

術後の下着選びに悩んだら

リマンマでは、
専任アドバイザーがお客様から
ご相談をしっかりうかがい、
サポートできるよう、
個室でプライバシーを守りながら、
個別ご相談を承ります。
電話でご相談も承っております。

3.毎日を充実させる趣味や娯楽

術後の経過が落ち着いたら、家族で旅行もいいかも!ピンクリボンのお宿で温泉を楽しむ

もっともっと人生を楽しむ!

手術後の傷痕が気になって、
温泉旅行から足が遠のいてしまう...
ここでは、そんな方たちが、
快適に過ごせる温泉やスパをご紹介します。

温泉
ピンクリボンのお宿
ピンクリボンのお宿ネットワーク

術後、順調に回復をしながらも術後の痕を気にして旅をあきらめてしまうという方たちにもう一度、誰の目も気にせず旅に出かけてもらい、心ゆくまで旅館・ホテルでの入浴などを楽しんでいただくためのサポートを行なっています。

先生からリハビリや運動を進められるけど...運動不足対策やリハビリに水泳や水中ウォーキングを

術後のリハビリや日々のフィットネスなどには、
伸縮性、着脱のしやすさ、
動きやすさを考えたスイムウェアがおすすめです。

水着(スイムウエア)

【リマンマの水着の特長】
大きなパッドポケットが付いていて、パッドの出し入れが簡単
伸びるテープでアンダーバストが安定