すいみんコラム
  • 昔に比べてどう変わった? グラフで見る現代人の睡眠事情

    ■すいみんコラム

    昔に比べてどう変わった? グラフで見る現代人の睡眠事情

年々減少する日本人の睡眠

グラフは、1976年(昭和51年)から2006年(平成18年)までの30年間に、15歳以上の男女の平均睡眠時間がどう変化したかを示したものです。この30年間で男性は平均38分、女性は29分、睡眠時間が減少していることがわかります。

睡眠学会が行った調査結果でも、日本人の睡眠時間 は韓国、台湾などと並んで世界的でも最も短い部類に属しています。仕事や勉強などで夜遅くまで起きていることが多く、深夜でも楽しめる娯楽に囲まれている現代人。こうした状況が続いていく限り、日本人の睡眠時間はまだまだ短くなっていくかもしれません。

Column05_gazou01.jpg

SHARE
  • Facebook ツイート LINEで送る