すいみんコラム
  • Facebook
  • ツイート
  • 知っていますか?眠りへのスイッチ それは「入眠儀式」

    ■すいみんコラム 

    知っていますか?眠りへのスイッチ それは「入眠儀式」

みんなの入眠儀式

ワコールが行った独自アンケート調査から、82.4%の人が「睡眠へのスイッチといえる行動」をもっていることが明らかになりました。具体的には、「トイレに行く」44.8%、「歯を磨く」43.0%、そして「パジャマ等に着替える」が 32.0%と第3位に入っています。寝付きをよくするための「入眠儀式」において、「着替える」ということが、とても大きな意味を持っていることがわかります。

■スムーズな寝付きのための工夫

スムーズな寝付きのため、就寝前に行うその人独自の習慣のことを「入眠儀式」と呼んでいます。どんなことをするかは人それぞれ。ごく日常的な行動がそれに当たるという人もいれば、自分だけのユニークな方法を持っている人も。どのようなことであれ、毎日繰り返し行っていると、決まった行動をとることで心身が安らぎ、自然と"眠りモード"に転換。眠りにつくまでの時間が短縮されて、寝付きがとてもよくなるそうです。

参考資料:『快眠のための朝の習慣・夜の習慣』内海 裕子(大和書房)

gishiki01Title03.png

「入眠儀式」という言葉を聞いたことはありませんか。これは育児書などでよく見かける言葉ですが、心とからだを眠りにスムーズにもっていくために行う、就寝前の習慣のことです。乳幼児期に、子どもがなかなか眠らないときの対応策として紹介されていますが、大人にもあてはまります。
入浴する、ストレッチをするといった、なんでもないことをはじめ、眠気を誘うハーブティーを飲む、決まった音楽を聴くなど自分にとってリラックスするものが適しています。毎日繰り返して行っていると、決まった行動をとったことで心とからだが自然に睡眠モードに切り替わり、条件反射のように眠りに誘われるようになります。

参考資料:『2倍睡眠法』井上昌次郎(PHP 研究所)

■心と身体をリラックスモードにする「入眠儀式」

ワコールが行ったアンケート調査から、「入眠儀式」に関するちょっとユニークな回答をご紹介してみましょう。

● 歯を磨いて、恋人におやすみメールを送ってから就寝。

● ハンドクリームを塗って手袋→恋人に電話→録画したテレビ番組を観ながら就寝

● 子どもたちの歯を磨いてトイレに行かせ、今日も1 日ありがとうとお礼を言う。

● 冬は暖かいお茶や鉄観音茶を飲み、歯を磨いて、携帯でFacebook をチェック。

SHARE
  • Facebook ツイート LINEで送る