すいみん実験レポート
  • ワコールとオムロンヘルスケアの「パジャマと眠りに関する共同実験」レポート公開!②

    ■すいみん実験レポート

    ワコールとオムロンヘルスケアの「パジャマと眠りに関する共同実験」レポート公開!②

〈調査概要〉
調査時期:1月13日(日)から2月2日(土)
期間①1月13日(日)から1月19日(土)は、従来のスタイルで就寝
期間②1月20日(日)から2月2日(土)は、パジャマ「睡眠科学」に着替えて就寝
調査対象:30名(20-40代の男女)
選考基準:現状、パジャマを着て就寝していないこと、睡眠障害などの疾病を患っていないこと、就寝時に一人であることを基本条件として全国の応募者より選定。
実施内容:実験開始前後でアンケート調査に回答。
期間①で従来どおりのスタイルで就寝、期間②で就寝前にワコールのパジャマ「睡眠科学」に着替えて就寝。同時に、期間中はオムロン睡眠計 HSL−101で睡眠を測定。

実験参加者のコメント

■パジャマを着る事で眠りの質がアップ!

Aさん[30代 女性]
実験を始めてからパジャマを着ていても実感的には普段と変わらない眠りのつもりだったんですが睡眠時計でチェックするとぐっすりと眠れている時間が伸びていたので驚きました。

Bさん[40代 男性]
睡眠がパジャマによって変わるとは思わなかったので、正直びっくりしました。グラフで見ると、目に見えてバランスが良くなっているのが分かって、今までより気分が良くなりました。

Cさん[30代 女性]
パジャマの大切さが分かりました。今までは、特に眠る時の服装は、気にしていなかったのですが、パジャマを着ることで、習慣も変わり、以前より気持ちよく眠られた気がします。これからもパジャマを着て眠るようにしていきたいです。

■ワコール「睡眠科学」パジャマの寝心地の良さを実感!

Dさん[30代 女性]
普通のパジャマと違い軽くて締め付けなく肌触りが良くてとてもリラックスしてぐっすり眠れた感じです。

Eさん[30代 男性]

熟睡時間が睡眠時間と比べると非常に少ない事がわかりました。自分の疲れが取れないのは熟睡時間が短いからだと思います。また、パジャマを着ると、寝返りが打ちやすい気がします。着心地もいいので普段パジャマとして使用していたジャージよりゆったり感を感じました。

Fさん[30代 女性]
吸汗・速乾にすぐれ、汗の不快感が全くありませんでした。月に1 度あるかないかですが、睡眠中の発汗があります。パジャマを着ていないときには、寝具が汗を吸収し、不快感で目覚めることもあるのですが、今回風邪をひいて大量に汗をかいたときですら、寝具への不快感がほとんどありませんでした。また、最終アンケートを記入していて気付いたのですが、最近日中の眠気をほとんど感じません。睡眠時間は以前とかわらないので、パジャマを着ることで睡眠が変わったのかなと思います。パジャマなしの睡眠には戻れそうにもありません。

■オムロン 睡眠計HSL-101で眠りを見える化!
睡眠環境を見直す事ができました!

Gさん[30代 女性]
初めて自分の眠りを客観的に見直したことで、睡眠の環境を整えなければならないのだという意識になりました。就寝前には読書などを、ベッドで、或いは他の場所ですることが多く、その時点で「眠くて起きていられない」と感じることはほとんどなく、「時間が遅くなったから、寝なければ」という感じでした。読書など中になってしまうと、ひたすら睡眠時間が短くなるという欠点はあるのですが、寝つきも良いと感じていましたし、朝はいつも寝起きが悪いという自覚はありますが、日中の業務はこなせてしまうため、自分の就寝を問題視したことはありませんでした。今回の結果を見てみて、思っていたよりも自分の寝つきには時間がかかっていることを感じ、就寝前の習慣やパジャマの問題など、もう少し変えられるものがあるのでは無いかと感じました。今後いろいろ検討してみようと思います。

SHARE
  • Facebook ツイート LINEで送る