WACOAL STUDYHALL KYOTO

受付終了

【伝統文化の新解釈】

香・色・形

~香りと瞑想と表現を楽しむ・冬~

日時
2017年12月1日(金)
19:00~21:00
料金
5,400円(税込)
学べる美
感性の美
講師
(株)山田松香木店
コーディネーター
西村大地 [一般社団法人ゆいま、方丈サロン主宰]
講座形式
ワークショップ
定員
10人
分野
哲学,文化
講座番号
17k003-003

心身のバロメーターにもなる香り
日本の香りの根幹ともいえる、香木〈伽羅(きゃら)・沈香(じんこう)・白檀(びゃくだん)〉は生育の場所が限られ入手困難であることなどから、とても貴重で高価なものです。
本講座では、そんな香木の香に包まれながら静かに思いを巡らせて、忙しい日常になかなか確保できない、自分の心とゆっくり対話する時間を楽しみます。
同じ香木でも、季節や体調で香り方は違ってくるもの。 ご自身の心身の養生に、香りを取り入れてみませんか。

体験できる3つの「聞く」
香道では「香りを嗅ぐ」とは言わず、「香りを聞く」と言います。 また、香木をきっかけに自分に意識を向けるのは、自分の心の声を「聞く」ということ。
本講座ではその2つに加え、音楽も聞きます。 香りを聞いてそこから得たイメージを絵にして、それを専用ソフトで音楽にして「聞く」。
香りと自分の心と、音楽。この3つの「聞く」が体験できる、全く新しいタイプのワークショップです。

もっと見る