ワコール

ホーム > ワコール探検隊 > おとなの工場見学〜中国編〜
ワコールには世界各地に工場があり、どこの工場でも日本と同じようにものづくりを行っているそうです。ということで、第4回を迎えたワコール探検隊“潜入レポート”。今回はついに日本を飛び出して、中国の2つの主力工場「広東ワコール」と「大連ワコール」を探検してきました。
中国でいきなり遭遇。“ワコール品質”がつくられる瞬間!

探検隊は、まず広東の工場から見学を開始。 日本から来られている技術支援担当者の方に、ブラジャーの縫製工程を案内していただきました。
前回おじゃました長崎工場と同様、工程ごとに分業化がなされ、整然と作業が行われています。

木の葉のような形のパーツを、ミシンで縫い合わせる工程に差し掛かったときのことでした。
案内役の方が突然足を止め、工程を受け持つ女性の手元にじっと視線を落としています。腕時計の秒針と縫製担当者の手元を交互に見つめることしばし…。まもなくブラジャーの縫製責任者が呼ばれました。続いて工場のメカニック担当者もやってきました。
いったい何があったのでしょう。

中国でいきなり遭遇。“ワコール品質”がつくられる瞬間!
探検隊は見た!!“日本と同じワコール品質”を支える熱い思い。