CREATOR

  • TAISO/
    CHOREOGRAPHY
    森山 開次

    森山 開次
    ©石塚定人

    2005年ソロ作品「KATANA」で"驚異のダンサー"(ニューヨークタイムズ)と評され、2007年ヴェネチアビエンナーレ招聘。2013年スポーツ祭東京(旧東京国体)開会式式典演技メインパフォーマー、芸術選奨新人賞他受賞。ダンスのみならず、演劇・テレビ・映画等幅広い媒体での身体表現に積極的に取り組んでいる。

  • TAISO
    浅沼 圭

    母の影響で新体操をはじめ、中学で世界大会出場。北京五輪の全日本代表に選出される。その後、全日本社会人女子新体操選手権にて個人総合優勝。野生児と異名をもつのびやかで独創的な表現と高い跳躍で観客を魅了。現在は後進の指導にあたりながら、舞台・映像を中心に活動。主な出演作に森山開次「サーカス」ほか。

  • TAISO
    引間 文佳

    6歳より新体操を始め、13歳で世界大会出場。学生時に全日本選手権優勝。ユニバーシアード世界大会で準優勝。新体操で培った強靭な身体性を基軸にジャンルに囚われない表現を磨く。主な出演作に森山開次「サーカス」近藤良平「モダンタイムス」。2016年4月白井晃演出「夢の劇」出演。

  • MUSIC
    Fumitake Tamura

    Fumitake Tamura

    ザラついた音の質感を綿密に構成し、様々な音楽を横断していくアーティスト。2012年「Bird」、2013年「Minimalism」をソロ・リリース。「Bird」で坂本龍一氏に高く評価される。2014年には映像作家さわ ひらきの「Lenticuler」の音楽を制作。2015年には国際交流基金アジアセンター主催の「Asian Meeting Festival 2015」に出演。同年「Neutral」というユニット活動も開始。

  • VIDEO PRODUCTION
    林 響太朗

    林 響太朗

    独自の色彩感覚で女性美を切り取る映像を生み出すクリエイター。3DCG、VFXなどインタラクティブなメディアに精通し、プロジェクションマッピングやインスタレーション作品のクリエイションも数多く手がける。大手企業やアーティストからもミュージックビデオ制作のオファーが続いている。

  • COSTUME
    minä perhonen

    minä perhonen

    1995年にデザイナー皆川 明により設立されたファッションブランド。詩情を込めたデザイン、日本各地の生地産地との連携により生み出されるテキスタイルを特徴とする。近年はインテリアにもデザインの幅を広げる。設立20周年の2015年スパイラル(東京/青山)にて展覧会「ミナカケル」を開催。

  • EVIDENCE
    山口 光國

    身体運動を熟知したリハビリテーション、特に肩関節を専門に研究活動を行う理学療法士。医療従事者としてはじめてプロ野球でコーチ(フィジカルコーチ)を務める。長年の経験と研究に裏づけされた対応法は、野球、サッカー、テニス、ゴルフなど多くのジャンルのプロアスリートから絶大な信頼を寄せられている。

    体操コンセプト:心の健康にも役立つ体操
    うつむくことが多い現代社会。顔を上げて胸を張り、カラダを動かすことは、気持ちを明るく前向きな方向へ導きます。
    WEB体操第一は美しい姿勢や肩こり解消などの目的別に00〜09のパートに分かれていますが、フルに体操しても4分間。カラダのすみずみまで柔軟性を高めるエクササイズが詰まっているので、スポーツの準備体操としても最適です。

<WEB体操TOPへ戻る

スマホでいつでも体操_

http://www.wacoal.jp/webtaiso/