Dublevé Information

デューブルベに関するさまざまな情報をお届けします。

Column コラム

2017/07/26

ブラのお手入れはどうすればいいの?

下着はすべて直接肌にふれるものだけに、いつも清潔にしておくことが大切です。下着の多くは、たいへんデリケートな素材や形でできているため、取り扱いは「やさしくていねいに」が基本です。

また、下着は汚れたままにしておくと、生地の通気性・吸湿性・柔軟性などが失われて、素材の傷みをすすめてしまいます。また、汚れは長くおくほど落ちにくくなります。ですから、洗たくはコマメにしましょう。

○洗たくする時は......
・下着についている絵表示の意味をチェック
「絵表示ラベル」には、取り扱い方が表示されています。表示通りの洗たく方法がその商品に一番合った方法といえます。

○洗い方のポイント
・ 色の濃いもの、薄いものに分けましょう。
布地の色合いや性質によっては、一緒に洗うと色移りすることがあります。手洗いをするにしても、淡い色から濃い色へ順番に。つけ置きは禁物です。

・洗剤はよく溶かして、直接ふりかけないようにしましょう。
洗剤が多すぎると、変色したり、色ムラになったり、生地を傷めたりします。ウールやシルクには適量の中性洗剤をよく溶かして使いましょう。塩素系漂白剤は変色や黄変の原因になることがありますので、避けましょう。

・金具のあるものは、やさしく手洗いしましょう。
洗たく機で洗うと他の衣類を引っ掛けたり、ワイヤーやボーンなどが変形することがあります。

・ワイヤー入りのブラジャーは必ず手洗いしましょう。
ブラジャーのワイヤーが、曲がったり変形したときは、からだを傷めることもありますので、身につけるのはやめましょう。

・ すすぎは十分に
洗剤が残っていると、素材を傷めるだけでなく、肌がかぶれる原因にもなります。

○洗った後は......
・洗ったらすぐに陰干ししましょう。
img_03_01.jpg すすぎを十分にした後、軽く絞ります。残った水気はタオルでふきとるぐらいに。その後すぐに陰干ししましょう。ぬれたまま放っておくと色がにじんだり、色移りしたり、またシワの原因にもなります。

・下着はゆったり、形を整えてしまいましょう。
img_04_01.jpg 湿気は、シワ、変色、カビなどの原因にもなりますので、よく乾かしてから収納しましょう。収納はゆったりと、つめすぎはカップなどが変形します。特に長期保存の場合、密閉は禁物です。ウールやシルクには防虫剤を忘れずに。

無料カタログのご請求メールマガジンのご登録