保護者の方へのガールズ白書「気になりますね、我が娘の成長。うちの娘は、よそのコと比べて早熟なの?おくてなの? それとも平均?この白書で、最近のおんなの子の様子を知っていただくと安心です。」
保護者の方へのガールズ白書「気になりますね、我が娘の成長。うちの娘は、よそのコと比べて早熟なの?おくてなの? それとも平均?この白書で、最近のおんなの子の様子を知っていただくと安心です。」

保護者の方にも知っていただきたいのです。お嬢さまのバストのこと下着のこと

保護者の方にも知っていただきたいのです。お嬢さまのバストのこと下着のこと

覚えていらっしゃいますか。バストが少しずつふくらんできた頃のこと。恥ずかしくて、不安で、お友だちのバストが気になって・・・・。聞きたいことはいっぱいあるのに、てれくさくて相談しにくかった、あの日のこと。もしかすると、お嬢さまも今、同じように悩んでいるかもしれません。きっと、言い出したくて、言い出せなくて。デリケートなあの日の気持ちを思い出して、お嬢さまへ話しかけてみませんか。

気づいてあげてください。からだの変化。

初経を迎える頃、女の子のからだは大きく変化し始めます。特にバストは気になるところ。"友だちは、もうブラを着け始めたけど...。" "いつからブラを着ければいいの?"とわからないことばかりで、お嬢さま自身もとまっどっているかもしれません。生理の話をきっかけに、女性のからだやバストのこと、お母さまをはじめとした保護者の方からきちんと教えてあげたいですね。

バストの成長が、どんどん早くなっています。

いつからブラジャーを着けさせればよいのかわからない、というご質問をよくいただきますが、正解は、バストがふくらみ始めたら、すぐ。ジュニア専用のブラジャーでやさしくサポートするのが、バストの成長のためには理想的なのです。
ワコールの調査によると、バストの成長は年々早まっており、20年前のジュニアと比べると、右のグラフのようにかなりの違いが見られます。また、ブラジャーの着用理由についても「バストが目立ってくるから」という答えがもっとも多く、成長の早まりとともに、ブラジャーの必要性を感じ始めるのも早くなっていることがわかりました。
成長のスピードも、バストやブラジャーへの関心も、変わりつつある現代のジュニアたち。彼女たちにとって、一番身近でわかりあえる素敵な先輩はお母さまをはじめとした保護者の方なのです。だからこそ、日々注意深く見守り、しっかりとリードしてあげたいですね。

13歳が大きな変わり目!バストをどう変えたい?

13歳が大きな変わり目!バストをどう変えたい?

平成のおんなの子は、自分のからだを肯定的にとらえ、そして、もっともっとステキなボディにしたいと思っている!!
なかでもバストには敏感。その大きな節目は13歳らしい。

"バストを変えたい"気持ちは13、14歳で突然増加!

ワコールの調査によれば、「からだの中で変えたい部位は?」という質問に対して、バストを"1番変えたい""2番目に変えたい""3番目に変えたい"を合わせると13歳が突然大きな伸びを見せます。なんと12歳までの4倍以上です。

中学生はバストを大きくしたいと思っている!

ではバストをどう変えたいのか? 結論から言うと"大きくしたい"のです。ワコールの調査によれば「自分のバストが小さい」と思っているおんなの子の数字は13歳で突然増加。なんと60%にもなります。この数字は高校生になると40%弱に減ります。
中学生は自分のバストの存在にとても敏感で、現在はバストが小さいと思っている、そしてそれを変えたいと思っていることがわかります。つまりもっと大きくしたいということです。

お母さま世代との違いがくっきり!

いちがいには言えませんが、以前は、バストが他人より早く大きくなること=早熟は、ややネガティブに考えられていなかったでしょうか。でも今の小・中学生はそうではありません。自分の体に対して明るいイメージを持っていて、それはとても素晴らしいこと。
この感覚を素直に伸ばしてあげたい! お嬢さまとの会話のとき、ぜひ、このデータを思いだして、アドバイスの参考にしていただければと思います。

※調査の数字、はすべて「新世紀ティーンの現実」(2001年8月 株式会社ワコール人間科学研究所と京都女子大学生活造形学科との共同調査)からの引用です。

保護者の方にも知っていただきたいのです。お嬢さまのバストのこと。ブラのこと。

保護者の方にも知っていただきたいのです。お嬢さまのバストのこと。ブラのこと。

もしかすると、バストがふくらんできたのかな? そう気づかれたら、そろそろ"初めてのブラ"の時期かもしれません。きっと今、お嬢さまは期待と不安で胸がいっぱい。恥ずかしくて、てれくさくて、お友だちのバストのことが気になって・・・。聞きたいけれど言い出せなくて、ひとりで悩んでいらっしゃるのかもしれません。そんなデリケートな気持ちをやさしく受け止めて、バストのことやブラのこと、そっと話しかけてみませんか。

少女からおとなへ。成長のキーポイントは初経にありました。

ワコール人間科学研究所の研究によると、女の子のからだの成長は、年齢よりも初経との関係が深いことがわかってきました。
例えば、同じ年齢のクラスメートを比べてみると、成長の早い女の子から遅い女の子までさまざまですが、同じ頃に初経を迎えた女の子たちを比べてみると、成長の度合いはほぼ同じ。さらに、初経を軸に成長の段階を見てみると、まずバストがふくらみ始め、そして、からだの変化が目立つようになる頃に初経が訪れ、やがておとなのようなからだつきへと変化していくことがわかりました。つまり、初経が訪れる頃には、もうバストはふくらみ始めていて、ジュニアブラの必要な時期がすでに来ているということになるのです。

揺れるからだとこころ。そっとやさしく寄り添って上げてください。

バストが少しずつふくらみ始める・・・。それは、とても小さな変化ですが、お嬢さまにとってはとても大きな出来事です。戸惑いと不安で、どうしていいのかわからない。けれど自分から相談することもできない。だからこそ、お母さまをはじめとする保護者の方々が、その変化に気づき、声をかけてあげていただきたいのです。少女からおとなへと成長していく大切な時期、からだとこころのサポートが必要です。お嬢さまたちのこころの声に耳を傾け、しっかりとあたたかくリードしてあげたいですね。

おすすめリンク

ママのための初ブラ講座 ファーストブラの選び方
フェアリーランド
ガールズばでなび
ワコール ツボミスクール
お買い物はこちら→ワコール ウェブストア