ワコールカルソン

  • 2019年8月15日2019 AUTUMN&WINTERコレクションを公開しました。
  • 働ラクカルソン
  • まるでデニム
  • 秋冬スタイル
  • 4つのポイント

動ける、キマる、ワーキングスタイル。働ラクカルソン

働ラクカルソン

きちんと感とここちよさを同時に叶え、
シルエットもすっきりきれい。
ジャケットやコートとも
相性のいいカルソンで、
あなたらしいワーキングスタイルを。

働ラクカルソン

ビジネスシーンの寒さ対策に。

ビジネスシーンの寒さ対策に。

通年素材っぽく見えて、じつは肌側を起毛させたあったか素材のカルソン。
ビジネスシーンに似合う、すっきりとしたスタイルを演出します。
(採用品番 / KSN・152&KSN・153)

KSN153

※トップスは取り扱い外

EKN550 KSN151

COORDINATE POINT

ワイドシルエットで品よくトレンドを取り入れて。総ゴムウエストのフロントは、ファスナー風のデザインでアウターらしく。トップスをインする着こなしも。

 KSN150

COORDINATE POINT

トップスを選ばず着こなせるテーパードスタイル。動きやすいストレッチ素材にセンタープレスをほどこし、きちんと感のある縦長シルエットに。

※ジャケット・トップスは取り扱い外

まるでデニム

見た目を裏切る、ここちよさ。まるでデニム

まるでデニム

見た目はデニムそのもの。なのに、
縦横ストレッチでラクなはきごこち。
今シーズンはあったかタイプも登場し、
大人のカジュアルスタイルを
さらに自由に、快適に。

※トップスは取り扱い外

はいた瞬間、ふわっとあったか。

はいた瞬間、ふわっとあったか。

それは、空気をたっぷり含む
保湿性にすぐれた裏起毛素材を使用しているから。
ふんわりと軽く、やさしいぬくもりです。
(採用品番 / KSN・117)

KSN107

※トップスは取り扱い外

KSN114

※トップスは取り扱い外

カルソンで着こなす、秋冬スタイル。

ひと足お先に、秋スタイル

秋の気配を感じたら、
カルソンから季節を先取り。
シックなカラーや
ぬくもりを感じるプリントで、
秋らしいスタイリングを楽しんで。

EKN551 KKN727

無地調ダイヤ柄のジャカードカルソンに
Aラインのトップスを合わせて、さりげなく体型カバー。

KKN708

接触冷感素材を使用した、
夏から秋まで着回せるお役立ちカルソン。

※トップスは取り扱い外

KKN156

シルエットのきれいなワイドタイプ。
深いブラックでコーデを引きしめて。

※トップスは取り扱い外

EKN552 KKN505

アラン模様をプリントしたトップスとチェックのカルソンを
組み合わせた、カジュアルな秋スタイル。

おしゃれな大人の冬コーデ。

大人の冬スタイルは、
シルエットも重視して。
素材のクオリティを生かした
きれいめカルソンで
すっきり、おしゃれな冬を。

ウール混

寒い季節に欠かせないウール混素材のカルソン。
お手入れの簡単なウォッシャブルタイプや、表情豊かなジャカードタイプがラインアップ。

EKN555 KKN657

ウール混チェックジャカードカルソンは、
表起毛のチュニックを合わせて軽やかに。

KKN655

ウール混(ウォッシャブルウール)素材の
シンプルなカルソンで、コーデを格上げ。

※トップスは取り扱い外

裏起毛

空気を含むふんわりあたたかい裏起毛は、
ほどよいボリューム感と、はきごこちの軽さが魅力。

KKN690

裏起毛素材をすっきりとしたフォルムに仕上げたあったかカルソン。
冬の旅コーデにもおすすめ。

※コート・トップスは取り扱い外

EKN552 KKN666

とてもあたたかい厚手の裏起毛カルソン。
ニット風プリントのトップスとも好相性。

やわらかいカーブ型ゴムでウエストにやさしくフィット

WAIST

独自のヒップ立体設計で美しいヒップシルエット

SILHOUETTE

縦横ストレッチ素材で伸びがよく動きやすい

MOTION

たたんでもシワになりにくいから持ち運びしやすく、旅行にも

MINIMIZE

※織物素材の商品を除く

ワコール人間科学研究所

美しさと快適さを追求する、インナー発想が生きている。

science

ワコール人間科学研究所による女性のからだ研究、そしてワコールが50年以上にわたり培ってきたインナーづくりのノウハウが、ワコール カルソンの開発に生かされています。

サイズ表

サイズ表

カルソンは、Sから3Lまで、豊富なサイズ展開。
小柄な方向けの丈短め「P(プチ)サイズ」もあります。

※一部の商品を除きます。

※商品によっては、取り扱っていないサイズもあります。

このページの先頭へ