Lingerie meets happiness ランジェリーが繋ぐシアワセ時間 Lingerie meets happiness ランジェリーが繋ぐシアワセ時間

EPISODE No.01

「お気に入りの1枚」を
探すときめき

〜コロナ禍の中、「下着って絶対必要やしね!」と
お求めになってくださったお客様〜

ワコール ビューティー アドバイザー C.K.

先日、お気に入りのブラジャーが生産終了になってしまい、似たような着けごこちの品がないかとお探しのお客様がご来店されました。

そのお客様は、ワコールお客様センターへのお問い合わせを経て、後継品や同等品をお求めに来てくださったとのことでした。そこで私は、「ぜひ、お気に召すものを一緒に探させてください」と、お客様をご案内しました。

お客様は、現在ご愛用のブラジャーのどのようなところが気に入っていらっしゃるかを愛情たっぷりに教えてくださったので、代わりの品をご提案する立場として、同じくらい、もしくはそれ以上にお気に召していただきたい!と背筋が伸びました。

最初に後継品があった方のブラジャーをご紹介させていただくと、「着ごこちが同じ感じだし、色もたくさん選べて助かります」とほほえんでいただけました。そして、もう一つのブラジャーは、「実はこれが一番好きなのだけど、電話ではあまり近いものがなさそうと聞いて、諦め半分で実物を持って来たの」とのことでご愛用のブラジャーを差し出されました。

それをお聞きした私は、ぜひ喜んでいただけるようなものをご紹介したい!という思いで、いくつかのブラジャーをご提案させていただきました。

すると「これが本当にとても似ているわ!」と、その場がパッと明るくなるような笑顔に。そして、なんと5枚もご購入してくださったのです。

その後、「私は医療関係の仕事をしているので、自分が感染しているかもしれないし、本当に必要最低限のスーパーやドラックストアしか行ってなくて。今日は本当に久しぶりの買い物で嬉しいの」とお話ししてくださいました。

よくテレビなどで医療従事者の方の報道は見てはいたものの、実際その方たちを目の前にすると言葉が見つからず、ただただ感謝の気持ちをお伝えすることしかできませんでした。そんな空気の中でもお客様は「でも下着って絶対必要やしね!」と笑顔でおっしゃったので私もせっかく店頭へ来てくださったからには、少しでも楽しい時間をと思い、自分の取るに足らないような少しクスッと笑える話などをすると、どんどん笑顔が増えていかれました。

「半年ぶりのスーパーやドラッグストア以外でのお買い物だったけど、短い時間の中でもとても満足感のある時間だったわ!次回もまた相談に乗ってくださいね」そんなお言葉とともに颯爽と去っていかれたお客様の後ろ姿は、とてもまぶしく感じられました。

色々な年代や職業のお客様との出会いや会話、そして笑顔は私にとっての一生の宝物です。