ワコール

ホーム > ワコールニュース&トピックス > 最新トピックス  > 【7月17日(火)~ワコールスタディホール京都にて開催】アイスランドの空の下に建つ教会から宛てた、家族への手紙ヨシダミナ...

ワコール

  • 検索
  • 店舗検索
  • クリップ

クリップとは?

CLOSE

クリップとは

後でもう一度見たいページや、お気に入りのページを10件まで登録できる機能です。
登録したページは「クリップ」の一覧より直接アクセスできます。

閉じる

最新トピックス

最新トピックス

2018.07.06

【7月17日(火)~ワコールスタディホール京都にて開催】アイスランドの空の下に建つ教会から宛てた、家族への手紙ヨシダミナコ 写真展「samskeyti(サムスケィティ)」

京都駅八条口すぐに位置する「ワコールスタディホール京都」では、施設内のギャラリーにて、ヨシダミナコ写真展「samskeyti(サムスケィティ)」を7月17日(火)~9月29日(土)まで開催いたします。
https://www.wacoal.jp/studyhall/gallery/event/article85032


ヨシダミナコは1981年に生まれ2002年に第25回キャノン写真新世紀にて優秀賞を受賞し、その後2007年までコンスタントに作品を発表、9年間のブランクを経て2016年に作品制作を再開いたしました。
ヨシダにとって写真は誰かにあてた手紙と言います。2002年に病床の父をテーマにした「向かうところ」を、父の看病をする母を撮ることで綴りました。
母の写真が残ったことによって、父を撮れなかったこと、父と向き合えなかったことへの後悔が彼女の中に残りました。
十数年後ヨシダは旅先のアイスランドの空の下に建つ教会の姿に父を見出しました。
雄大な自然の中にぽつんと建つ教会、それらは孤立して建っているように見えて実はアイスランドのコミュニティーの要として存在しており、家族の要として存在していた父の姿と重なりました。
その教会を写し出した「samskeyti」では、はるか遠くに、または触れられるほどの距離に建つ教会が写されており、その距離感は父への距離感と読みとることができます。
「samskeyti」とはアイスランド語で合流点、接合点を表す言葉です。彼女のなかで今作品は「向かうところ」との合流点なのかもしれません。
本展では「samskeyti」に加え「向かうところ」も展示いたします。

■作家プロフィール
ヨシダミナコ Minako Yoshida
1981年 兵庫県神戸市生まれ
2002年 日本写真映像専門学校 卒業
2002年 第二五回キャノン写真新世紀 優秀賞 マルク・リブー選
2002年 The Third Gallery Aya(大阪)での初個展以降、2007年までコンスタントに作品を制作発表。
2005年 富士フォトサロン新人賞 奨励賞
2016年 約9年振りに作品制作を再開。

■開催概要
ヨシダミナコ写真展 「samskeyti」
会期:2018年7月17日(火)-9月29日(土)
火曜~金曜 10:00-20:00/土曜 10:00-17:30
休廊:日曜・月曜・祝日
会場:ワコールスタディホール京都 ギャラリー
〒601-8506 京都市南区西九条北ノ内町6 ワコール新京都ビル1階
(京都駅八条口から徒歩7分)
入場料:無料
主催:ワコールスタディホール京都
企画協力:gallery Main

■WACOAL STUDYHALL KYOTO( ワコールスタディホール京都)ホームページ
https://www.wacoal.jp/studyhall/

■一般のお客様からのお問合せ先
ワコールスタディホール京都
TEL:075-556-0236
※受付時間:火曜~金曜9:30 - 17:00(年末年始・祝日をのぞく)

■報道関係の方からのお問い合わせ先
株式会社ワコール ワコールスタディホール京都 
TEL:075-556-0229 FAX:075-556-0230