ワコール

ホーム > ワコールニュース&トピックス > 最新トピックス  > パリオートクチュールで活躍する日本人デザイナーの作品展 「YUIMA NAKAZATO EXHIBITION for W...

ワコール

  • 検索
  • 店舗検索
  • クリップ

クリップとは?

CLOSE

クリップとは

後でもう一度見たいページや、お気に入りのページを10件まで登録できる機能です。
登録したページは「クリップ」の一覧より直接アクセスできます。

閉じる

最新トピックス

最新トピックス

2019.03.28

パリオートクチュールで活躍する日本人デザイナーの作品展 「YUIMA NAKAZATO EXHIBITION for Wacoal」開催中!

株式会社ワコールは、パリ・オートクチュールで活躍している唯一の日本人デザイナーであるYUIMA NAKAZATO(中里唯馬氏)の展覧会をワコールスタディホール京都2階にて行っています。

「-Life- YUIMA NAKAZATO EXHIBITION for Wacoal」と題し、YUIMA NAKAZATOの2017-2018秋冬シーズンの作品1点と、最新の2019春夏シーズンの代表作品数点を2019年3月19日(火)~4月20日(土) まで展示しています。この2019春夏シーズンの作品には、作品の一部にワコール製品が使用されています。それは祖母のランジェリーを孫娘がウエディングドレスに生まれ変わらせるというストーリーとして、衣服のサステイナビリティ(持続可能性)を主題に制作された作品のうちの1つです。

YUIMA NAKAZATOの作品は、針と糸を用いることなく、好みや用途に合わせ、衣服の形やサイズをカスタマイズできるほか、修繕を繰り返し、長期的に衣服を着続けることを可能にした独自開発のシステムで制作されています。
クチュール作品を間近にご覧いただけるチャンスですのでこの機会をお見逃しなく。

また、4月12日(金)18:30から、YUIMA NAKAZATO(中里唯馬氏)をお招きして、ワコールスタディホール京都2階にて無料トークイベントを行います。

「衣服の未来、想像と創造 -やがて衣服は一点ものしか存在しなくなる-」

◆開催概要
・日時:2019年4月12日(金)18:30~(開場18:00/終了20:00)
・場所:ワコールスタディホール京都
https://www.wacoal.jp/studyhall/
(京都駅 八条口より徒歩7分 関西各方面からのアクセス良好)
・定員:100名(先着)

◆応募方法
・応募サイト:https://member.wacoal.jp/campaigns/17429
・応募締切:2019年4月8日(月) 午前10時
応募多数により150席に増席、締切も延長いたします!
2019年4月11日(木) 午前10時(募集状況により早めに終了することがございます)

「衣服の未来、想像と創造 -やがて衣服は一点ものしか存在しなくなる-」と少し硬めのタイトルですが、中身は柔らかいトークイベントを予定しています。
新しい衣服の在り方を探究する中里氏と共に、衣服の今後について想像を膨らませてみませんか?

本展示、トークイベントが、皆様にとって衣服のサステイナビリティについて考えるきっかけとなれば幸いです。

nakazato.jpg 中里唯馬(なかざと ゆいま)
1985年東京生まれ。独学で服作りを開始し、高校卒業後、単身渡欧。2008年、ベルギー・アントワープ王立芸術アカデミーのファッション科を日本人最年少で卒業。同校卒業コレクションがヨーロッパで数々の賞を受賞。2009年、自身のファッションブランド「YUIMA NAKAZATO」を設立。2016年、パリ・オートクチュール・ファッションウィーク公式ゲストデザイナーの1人に選ばれ、日本人として史上2人目、森英恵氏以来12年ぶりに公式スケジュールに参加。2017年、毎日ファッション大賞 新人賞・資生堂奨励賞受賞。