乳房文化研究会 TOP

女性の「からだ」と「こころ」を科学する乳房文化研究会の最新のお知らせ(News)

女性の「からだ」と「こころ」を科学する乳房文化研究会の定例研究会レポート(Lecture Meeting)

『文学と乳房』|乳房文化研究会

『文学と乳房』
~日本と中国、中世から現代までの文学作品に乳房は誰のものとして描かれているのか?~
2020年2月1日(土)

■講演テーマ・講師
乳房は誰のものか
 ―『源氏物語』に描かれた乳母、母、父、子
   それぞれにとっての乳房から権力構造と家族関係を読み解く
 木村 朗子 先生
 (津田塾大学 学芸学部 多文化・国際協力学科 教授)

恋する乙女の胸のうち
 ―中国女性の乳房と足が解かれたとき理想の体型とバストの心理 
 濱田 麻矢 先生
 (神戸大学大学院 人文学研究科 教授)

にせもののおっぱい ほんもののおっぱい
 ―日本近現代文学に描かれた乳房
 藤木 直実 先生
 (日本女子大学 文学部 日本文学科 講師)

■パネルディスカッション
コーディネーター :実川 元子 運営委員
          (フリランスライター・翻訳家)
パネリスト: 木村先生、濱田先生、藤木先生
       


つづきを読む >>