開催予告

女性の「からだ」と「こころ」を科学する 乳房文化研究会 トップへ

定例研究会

受付終了
「 乳房の表象 」
~乳房と乳首をめぐるタブーと礼賛~
2020年10月24日(土)

乳房文化研究会 オンライン研究会
「乳房の表象」~乳房と乳首をめぐるタブーと礼賛~

日時:2020年 10月24日(土) 13:30~17:30 

Zoomウェビナーによるオンライン視聴(画像・音声参加無し、チャット・Q&A機能あり)
事前登録必要  参加費:無料

古代から現代まで、絵画や映画での乳房の表現には時代や文化の影響を強く受けてきました。
乳房を美や生命力の象徴だとして裸で表現する文化がある一方で、淫らだとタブー視して丸みさえも見せない文化もあります。
古代から世界各地の神話に登場する人魚(マーメイド)は、いつからか貝殻やブラジャーをつけるようになりました。そこにはどんな変化があったのでしょうか?
ロシアの絵画で描かれる聖母と乳母は、乳房の表現にどんな違いがあるのでしょうか?
男性も含めて乳首は日本でどう描かれてきたのでしょうか? 乳房や乳首が描かれる/描かれないとき、そこにどんな力が働いているのかを検証します。


■講演テーマ・講師

「人魚の乳房文化論」
    ─ いかにして貝殻がブラと化すにいたったか

・向後 恵里子先生(こうご えりこ)
 明星大学 人文学部 日本文化学科 准教授

「ロシア革命と乳房」
     ─乳母と聖母のイメージ

・越野 剛先生(こしの ごう)
 東京大学文学部・大学院人文社会系研究科 助教

「乳首はなぜ描かれる/描かれない?」
           ─古代から近代の日本文化に見る

・田中 貴子先生(たなか たかこ)
 甲南大学 文学部 日本語日本文学科 教授

■パネルディスカッション
●コーディネーター
 実川 元子常任運営委員
 フリーランスライター・翻訳家
●パネリスト
 向後先生、越野先生、田中先生

■オンライン交流会
希望者のみ、画像・音声参加あり。


▲ 上に戻る