開催予告

女性の「からだ」と「こころ」を科学する 乳房文化研究会 トップへ

定例研究会

受付終了
「 文学と乳房 」
~日本と中国、中世から現代までの文学作品に乳房は
      誰のものとして描かれているのか?~

2020年2月1日(土)

乳房文化研究会 定例研究会
「文学と乳房」

日時:2020年 2月1日(土) 13:30~17:30 (受付:13:00~)
場所:(株)ワコール 本社ビル 2F 会議室
   (JR西大路駅 [京都線] より徒歩4分)
定員:100名 (定員になり次第、締め切ります)    参加費:無料

日本と中国の文学作品で「乳房」はどのように表現されてきたか。
乳房をめぐる性愛、授乳、美醜、老若の表現を読み解くことで、
父—母—乳母—子の関係や社会の権力構造が見えてくる。
日本中世の「源氏物語」、
中国近代文学における自由恋愛と身体描写との関係、
日本近現代の森鷗外から川上未映子までの作品での乳房の表現から
「乳房は誰のものか」を考える研究会を開催します。


■講演テーマ・講師

「乳房は誰のものか」
    ─ 『源氏物語』に描かれた乳母、母、父、子
        それぞれにとっての乳房から権力構造と家族関係を読み解く

●木村朗子先生(きむら さえこ)
 津田塾大学 学芸学部 多文化・国際協力学科 教授

「恋する乙女の胸のうち」
     ─ 中国女性の乳房と足が解かれたとき

●濱田 麻矢先生(はまだ まや)
 神戸大学大学院 人文学研究科 教授

「にせもののおっぱい ほんもののおっぱい」
           ─ 日本近現代文学に描かれた乳房

●藤木 直実先生(ふじき なおみ)
 日本女子大学 文学部 日本文学科 講師

■パネルディスカッション
●コーディネーター
 実川 元子運営委員
 フリーランスライター・翻訳家
●パネリスト
 木村先生、濱田先生、藤木先生

※ご参加のみなさまとの「参加者交流会」(自由参加・無料)を
  研究会終了後に短時間(17:45~18:30) で行います。
  お時間が許せば、ご出席くださいますようご案内いたします。

■お申込み方法
下記「詳細とお申込みはこちら」をクリックいただき、
リリースの2ページめ「参加申込書」をご利用いただくか
・お名前(学生の方はその旨)
・ご住所(参加証の送付先)
をご記入のうえ(複数申込みの場合はそれぞれに上記項目をご記入いただき)
FAX、e-mail または郵送、ハガキ にて、下記事務局へお申込み下さい。
お申込み順に参加証を送らせていただきます。(定員になり次第締切ます) 

※お申込みに関する書類は、次回研究会のご案内をさしあげますまで
厳重に保管し、終了後適切に破棄いたします。

[乳房文化研究会 事務局]
〒601-8530 京都市南区吉祥院中島町29 (株)ワコール 内
℡:075-682-1178 / FAX : 075-682-1037
  e-mail : nyu-bun@wacoal.co.jp
 

「リリース(詳細とお申込み)はこちら」


▲ 上に戻る