TEAM BLOGチームブログ

  • HOME
  • チームブログ

選手インタビュー 清水 萌選手

2020年10月15日 | 栄養士の食事紹介

2020年入社。コロナ禍で試合や会社の業務もいつもの新人とは違った経験をしてきた清水選手。
実業団の生活は毎日苦労しているようですが、少しずつ成長している様子が見られます。
そんな清水選手にワコールの先輩を見ていて気付いたこと、そしてこれからの課題を聞いてみました。
     
縮小版萌 (2).jpg
        
「いつ、どんなきっかけで陸上をはじめましたか?」
   
幼稚園の年長の時に母が昔陸上をやっていたので、母に教えてもらったのをきっかけに始めました。クラブ活動としては小学校4年生くらいからです。
    
「陸上の好きなところは何ですか?」
    
一番は走り終わった達成感がすごく好きです。
良い結果が出ると嬉しいし、応援してくれる人が嬉しいと、頑張ってやっていてよかったなと思います。
    
縮小版清水①.jpg
      
「ワコールに入ってみてどうですか?」
    
練習については想像していた通り、走る距離が多かったり、ペースが速いです。
特に先輩の練習を見ているとジョッグのスピードが速いなと思います。
早朝練習の合同ジョッグでは私は息が上がっているのに、先輩たちは楽そうに走っていて、すごいなと思います。
トレーニングメニューの設定タイムよりペースが速くなることも多いので、そんなペースで私も一緒に走れたらかっこいいなと思っているので頑張りたいです。
     
京都での生活も少しずつ慣れてきました。
陸上部は遠征などで会社に出勤しないことも多いのですが、職場の方ができる仕事を優しく教えてくださって、とてもありがたいです。職場.jpg
右側 卸売事業本部 ウイングブランドインナーウェア商品統括部 上野部長
ウイングブランドインナーウェア商品統括部 商品営業部 商品営業二課の皆様
    
「初めての夏合宿はどうでしたか?」
     
高校の時とは違って、夏合宿は1か月以上続くので、長すぎて合宿という感じがしなくて、感覚が変になってきました。(笑)
合宿中は集中してできましたが、帰ってから疲れがどっと出てきました。
      
縮小版清水②.jpg
※今年の夏合宿中に19歳の誕生日も迎え、チームでお祝いしました。
     
「これからの頑張ろうと思っている課題はありますか?」
    
朝練習前に補強をすること、フリージョグはゆっくりだらだら走るのではなくてリズム良く走るほうが身体の基礎が作れて走れると思っています。
私は今のフォームでは怪我に繋がりやすいので、コーチなどに相談して少しずつ改善できればなと思っています。
スタッフは専門的な先生が多いので、疑問になったことは聞きやすいなと思います。
相談すると、的確なアドバイスをくださるので、「なるほど!」と発見できるのでとても支えになります。
    
縮小版清水③.jpg 縮小版練習.jpg
   
他にも、私は食事を食べるのが早いですが、先輩はゆっくり噛んで食べているので、そういうところは見習いたいと思っています。
そのほうが体重管理もしやすいと思います。あとは、間食すると体重が増えやすくなるので、甘いもの食べたいと思ったら栄養士に相談して工夫したり、自分に食べないように言い聞かせて身体も作っていこうと思います。
     
「これからどんな選手になりたいですか?」
    
何年も通して、怪我をしないで練習が継続できる身体を作りたいです。
そして、強い選手になりたいと思っています。
    
社会人になったので、礼儀とか、身だしなみもしっかりして、あとは大人っぽさみたいなのも出していけたらなと思います。
    
縮小版清水④.jpg