WACOAL STUDYHALL KYOTO

湯浅学&いしいしんじの「アナログレコードのある暮らし」
ビギナー編

湯浅学&いしいしんじの「アナログレコードのある暮らし」

日本でも有数のアナログレコード愛聴家 湯浅学さんをお招きし、いしいしんじさんを進行役に、アナログレコードの魅力をビギナー向けに1から10まで徹底的に教わる全4時間。
音が空間を伸び縮みさせながら自分に向かってくる迫力を感じるもよし、身と心を音にゆだね、徐々に耳や毛穴さえもが開いていく感覚を発見するのもよし。
お盆明けの土曜日の午後、ゆるやかに繋がりながら思い思いの心のゆらぎを一緒に楽しみませんか。

日時:2019年8月17日(土)13:00~17:00 ※12:30~受付
会場:ワコールスタディホール京都
料金 2,160円(税込/途中入退場自由)
講師:湯浅 学[音楽評論家]、いしい しんじ[作家]

  • 湯浅学&いしいしんじの「アナログレコードのある暮らし」イベント詳細はこちら >>


  • このイベントに申し込む

    〈内容もりだくさん〉
    ・レコードとCDって、どこが違うの?
     1枚1枚に愛すべき個性があるレコード。デジタルでは決して出せない音や空気を揺さぶる圧を体感。
    ・ジャケットを愛でるポイントはどこ?
     飾ってインテリアとしても楽しめる一石二鳥のレコードの魅力
    ・これっておんなじ曲なの?
     誰もが知っていると思い込んでいるロックの名曲を、大音量でじっくり聴いて違いを体感。
    ・最初の一枚を買うときのポイントは?
     自分でもレコードに針を落とす生活をしてみる第一歩。初心者向けプレイヤーの選び方も。   など。
    スマホ一つで楽曲をダウンロードし、手軽に好きな音楽を楽しめちゃう今だからこそ、日々の生活にも取り入れられる、あえてアナログな音楽の楽しみ方を見直してみませんか。

    講師

    湯浅学

    湯浅 学[音楽評論家]
    1957年神奈川県横浜生まれ。「幻の名盤解放同盟」常務。
    バンド「湯浅湾」リーダー。著者に『人情山脈の逆襲』『音海』『音山』『嗚呼、名盤』『あなのかなたに』『音楽が降りてくる』『音楽を迎えにゆく』『てなもんやSUN RA伝』『ボブ・ディランーロックの精霊』『大音海』(単著)、『ディープ歌謡』『豪定本ザ・ディープ・コリア』『時代の体温』『モータウン・ハンドブック』『ドントパスミーバイ』(共著)、『踊る目玉に見る目玉』『サン・ラー伝』(監修)など。現在、ロックバンド「湯浅湾」の10年ぶりの新譜、5枚目のアルバムを制作中。

    いしいしんじ

    いしい しんじ[作家]
    1966年大阪生まれ。京都在住。1994年『アムステルダムの犬』でデビュー。
    2000年、初の長編小説『ぶらんこ乗り』刊行。著作に、小説『麦ふみクーツェ』『トリツカレ男』『プラネタリウムのふたご』『ポーの話』『みずうみ』『港、モンテビデオ』『よはひ』『悪声』など、エッセイ『熊に見えて熊じゃない』『遠い足の話』『且座喫茶』など。音楽エッセイをまとめた『いしいしんじの音ぐらし』もある。京都や日本各地で蓄音器を聴くイベントをひらいている。文芸誌「新潮」にて長編小説『チェロ湖』連載中。

    このイベントに申し込む

    【イベントの申し込みにあたって】
    スクール会員登録(無料)のうえ、事前申し込みが必要です。

    講座申し込みガイド

    【ワコールスタディホール京都メールニュース】
    講座の受講モニター募集を定期的にご案内。スクール講座やライブラリーイベントの開催予定など、最新情報をお届けします。

    メールニュース登録

    美を学び、「美」に触れるスクール講座

    • 20190326_event_btn_access.png
    • 20190326_event_btn_contact.png