WACOAL STUDYHALL KYOTO

京都国際映画祭
京都国際映画祭
ワコールスタディホール京都でサイレント映画「シンデレラ・プリンセス特集」を上映

京都国際映画祭の特別上映として、シンデレラコレクターのかわたまさなお氏、及び、おもちゃ映画ミュージアム所有の貴重なフィルムを鑑賞する上映会「シンデレラ&プリンセス特集」を開催致します。
約100年前の貴重な無声映画フィルムを、活弁士の大森くみこさんによる語り、ピアノニストの天宮遥さんによる演奏と共にお楽しみください。

京都国際映画祭 「シンデレラ・プリンセス特集」

【上映作品】『シンデレラ』(ロッテ・ライニガー監督)、『エリザベス2世戴冠式』(記録映画)など。
【日時】10月12日(金)入場受付18:30~ 開演19:00~21:00
【会場】ワコールスタディホール京都 1階
【入場料・予定人数】無料 50名~100名 ※場合により入場制限をさせていただく場合ございます。

京都国際映画祭 「シンデレラ・プリンセス特集」プレゼント

当日、シンデレラのような着飾った衣装や、スチームパンク・ファションなどお洒落な装いのお客様、先着20名様に、 ㈱アトランスチャーチ様特製の化粧缶に入った紅茶(セイロン)をプレゼント。
広々とした美しい会場を、素敵な宮殿に見立てて、優雅な夜会上映を楽しみましょう。

なお、駅など公共施設でのお着替えは、他のお客さまの迷惑にならないようお気をつけください。
皆さまのご協力とご参加を心よりお待ちしております。

京都国際映画祭 「シンデレラ・プリンセス特集」
上映作品

1922年 ドイツ ロッテライニガー作:グリム童話版
世界的に有名な切り絵作家ロッテライニガー氏による切り絵のシンデレラ映画です。
この物語には魔法使いやかぼちゃの馬車は出てきません。
また、悪い事をすると罰があたると言う教えも描かれております。
では、どうやって舞踏会に行ったの?
それは、心温まる物語ですのでぜひ見て感動して欲しいと思います。

1954年 ドイツ ロッテライニガー:シャルル ペロー版
世界的に有名な切り絵作家ロッテライニガー氏による切り絵のシンデレラ映画を元に
1954年に作られたシンデレラ物語です。
この物語には魔法使いが登場しドレスに変身してかぼちゃの馬車で
舞踏会に行くよく知っているシンデレラ物語です。

1923年 ドイツ ヘルガ トーマス主演 シャルル ペロー版とグリム版の合作
ワイマール共和国(現ドイツ)の時代に活躍した映画製作会社ウーファ(UFA)が制作した
実写版のシンデレラ物語です。
ヘルガ・トーマス主演で魔法使いが出て来てシンデレラは
舞踏会に行き王子と出会うが12時の鐘が鳴り
逃げ切るが途中で靴を落としてしまうがもう一度
お城に行く事になりまた靴を落としてしまう。
それを見つけた王子はあの娘があの時のシンデレラだと気づき後を追うが逃げられてします。
ここまでは、誰もが知っている物語ですが最後の場面が予想を覆す展開に思わずびっくりな
シンデレラ物語です!

1953年 イギリス エリザベス2世の戴冠式の映像
1953年6月2日にウェストミンスター寺院で行なわれたエリザベス女王の戴冠式。
その模様はイギリス連邦内だけでなく、当時の最新メディアであるテレビにより、世界各国に中継されました。

同時開催 特別展示「100年前のシンデレラ展」

京都国際映画祭で上映の「シンデレラ・プリンセス特集」に合わせ、シンデレラにまつわる衣装、絵本、絵画の展示を致します。(プリンセスミュージアム かわたまさなおコレクションより) 知っているようで知らない、見た事があるようで見た事が無い、そんな世界中のシンデレラ物語を、絵本を中心とした貴重なコレクションでご紹介します。 ぜひ、あなたの好きなシンデレラを見つけに来てください。

京都国際映画祭 「シンデレラ・プリンセス特集」

【期間】10月11日(木)~20日(土)
【会場】ワコールスタディホール京都1階
【入場料】無料

本展覧会のみどころ

●日本初公開となる貴重なシンデレラ絵本の紹介
●アメリカ、イギリス、フランス、ドイツ、ロシア、日本のシンデレラ絵本を展示
●1850年代に描かれたシンデレラから再現した、灰かぶり時代衣装や、豪華なドレスの展示
●1920年代に描かれたシンデレラから再現した、魔法使いの衣装の展示
●「あなたもシンデレラ!」撮影スポット
※10月12日(金)、13日(土)の2日間はガラスの靴を履くシーンが体験できます)

「100年前のシンデレラ展」
展示中イベントのご案内

お城からの使いにガラスの靴を履かせてもらうシーンを体験し、写真を撮れる フォトスポットを展示します。お子様から大人までぜひご来場ください。

【期間】10月12日(金)、13日(土) 10:00~16:00
【会場】ワコールスタディホール京都1階
【入場料】無料

京都国際映画祭 「シンデレラ・プリンセス特集」

※イベントで使用する「ガラスの靴」について
製作:なかむら硝子工房 中村昌央(吹きガラス職人)
一瞬で、女性をシンデレラにしてしまう、本当に履けるガラスの靴。プロポーズや記念日等でも人気があります。

関連講座のご案内 シンデレラが幸せをつかんだ7つの習慣

「100年前のシンデレラ展」と連動し、世界で一番多くのシンデレラ絵本を見てきた、シンデレラコレクターのかわたまさなお氏 による、『シンデレラ物語』から学ぶ特別講座を開催します。

関連講座のご案内 シンデレラが幸せをつかんだ7つの習慣

夢に向かって努力を続ける事によって、幸せを手に入れたシンデレラ。
どんなに辛くても人を愛し、明るく、素直で優しさを忘れず、くじけず、諦めず、いつも前向きに一生懸命でした。
何事も投げ出さない知恵と勇気と情熱を持って困難に立ち向かい、夢と希望を持って毎日を生きたシンデレラが幸せをつかんだ秘密を、約100年前の素敵な挿絵と共にご紹介していきます。

【講師】かわた まさなお [シンデレラコレクター]
【日時】10月13日(土)13:30~15:00
【受講料】4,320円(税込)
【定員】30名

京都国際映画祭 「シンデレラ・プリンセス特集」

●ハリーポッターに出て来る魔法の杖とシンデレラの共通点は?
●シンデレラがキレイなのはなぜ?
など、絵本の絵を見るだけでなく、豆知識や面白トピックスを交えながら、楽しくシンデレラのメソッドを学ぶことができます。
シンデレラの心理や行動から、商品・企画マーケティングなどのビジネスにもつながる大切な内容になっています。「心を強くしたい」「良いことを引き寄せたい」「人生を上手に生きていきたい」と思っている方にもオススメの講座です。

<この講座だけのスペシャル特典>

●1800年代のシンデレラ本物の絵本を間近で見ることができる。
●映画の原型と言われている「ランタンスライドガラス(1800年代)」のシンデレラを、映像で再現上映。
●限定30冊!「大人の塗り絵付き」スペシャルシンデレラ冊子&オリジナルノート・マスキングテープをプレゼント。
●1800年代のシンデレラの絵本から再現制作した灰かぶりのシンデレラの衣装を着ることができる。
●あなたのシンデレラタイプをチェック!あなたはどんなシンデレラ?
●本物のガラスの靴が履ける体験コーナー。
●ガラスの靴を履くシーンのシンデレラになれる撮影スポット。

かわたまさなお(シンデレラコレクター)

<講師:かわたまさなお(シンデレラコレクター)>  プロフィール:
株式会社アトランスチャーチ代表取締役社長。1966年生。
化粧品・医薬品などのプロダクトデザインを手がけ、30歳でイギリス・ロンドンに渡る。
帰国後32歳でアツギ株式会社のアートディレクターに就任、デザイン部のヘッドとしてクリエイティブを手がける。
2002年、株式会社アトランスチャーチ設立。
デザイン会社・製造メーカー会社を経営する本業の傍ら、30年以上集め続けているアンティーク絵本のコレクションを元に「シンデレラコレクター」として展覧会・イベントを主催。
テレビや雑誌などのメディアにも出演し、活躍の場を広げている。
「世界で一番多くのシンデレラを見ている」人物である。

かわたまさなお氏コメント:
「始めは絵の素敵さに惹かれて集めていた「シンンデレラ物語」の絵本でしたが、たくさん見ていくうちにストーリーに隠された人生の教訓・長く愛され語り継がれてきた奥の深さに感銘を受けるようになりました。
私がシンデレラから学んだ生きる意味をお伝えさせていただき、皆さんが夢や希望を持ち、少しでも人生のお役に立てたら嬉しく思います。」

>詳細・お申し込みはこちら

京都国際映画祭 公式ウェブサイト:https://kiff.kyoto.jp/