WACOAL STUDYHALL KYOTO

ishimotofujiwoten_main.jpg

細見美術館「石本藤雄展 マリメッコの花から陶の実へ ―琳派との対話―」関連企画 オープニング記念トーク

3月9日(土)より細見美術館で開催の展覧会「石本藤雄展 マリメッコの花から陶の実へ ―琳派との対話―」のオープンを記念して本展作家の石本氏を招いたトークをワコールスタディホール京都にて行います。

石本藤雄は世界中に多くのファンをもつフィンランドのライフスタイルブランド「マリメッコ」のテキスタイルデザイナーとして32年間で400点を超えるテキスタイルデザインを生み出したのち、フィンランドの老舗陶器メーカー「アラビア」のアート部門に所属し、77歳を迎えた現在も陶芸家として数多くの作品を生み出し国際的に活躍しています。

展覧会では、石本氏がデザインしたファブリックによるインスタレーション、近年手掛けた陶の作品のほか、細見美術館所蔵の酒井抱一、鈴木其一ら琳派作品との競演が見どころとなっています。

日本でも有数の「琳派」のコレクションで知られる細見美術館。対談相手に細見美術館 館長の細見良行氏を招き、展覧会のみどころや出展作品の解説のほか、琳派が生み出した美しく生活を飾る意匠、石本氏が感じる自然の美しさや琳派との共感を語っていただきます。

【イベント概要】
■日時/3月9日(土) 15時〜
■会場/ワコールスタディホール京都
■登壇者/石本藤雄氏(本展作家)、細見良行氏(細見美術館 館長)
■MC/福井麻純氏(細見美術館 主任学芸員)
■聴講/無料
■お申し込みはこちらから → 「石本藤雄展(京都展)関連企画 オープニング記念トーク」
※石本藤雄展の特設サイトへ移動します。



ishimotofuziwoten_prof_1.jpg

石本藤雄プロフィール


1941年愛媛県砥部町出身、フィンランド・ヘルシンキ在住。1970年にフィンランドに移り、1974年から同国を代表するライフスタイルブランド「マリメッコ」で32年に渡りテキスタイルデザイナーを務める。現在は フィンランドの老舗陶器メーカー「アラビア」のアート部門の一員として陶芸制作に取り組む。カイ・フランク賞、フィンランド獅子勲章プロ・フィンランディア・メダル、日本では旭日小綬章など多数受賞。


ishimotofujiwoten_prof_2.jpg

細見良行プロフィール


1954年、京都生まれ。同志社大学卒業。1994年、祖父の日本美術コレクションを基礎とし、文部省の認可による財団法人細見美術財団を設立(現:公益財団法人細見美術財団)。1998年、京都・岡崎に細見美術館を開館、館長に就任。展覧会の企画・展示に携わるほか、趣味を活かして美術館での茶会を開催するなど、伝統文化の普及につとめる。京都市内博物館施設連絡協議会幹事長、琳派400年記念祭委員会専門委員、京都国際観光大使、ICOM京都大会2019京都推進委員会副委員長、ICOM京都大会2019京都推進委員会幹事会幹事長などを務める。


【展覧会概要】
■名称/『石本藤雄展 マリメッコの花から陶の実へ -琳派との対話- 』
■会期/2019年3月9日(土)- 4月21日(日)
■時間/午前10時 - 午後6時(入館は午後5時30分まで)
  ■休館日/月曜日
■入館料/一般 1,300円(1,200円) 学生 900円(800円)※( )内は20名以上の団体料金
■場所/細見美術館(京都市左京区岡崎最勝寺町6-3)TEL:075-752-5555 細見美術館のサイトはこちらから → http://www.emuseum.or.jp
■石本藤雄展 特設サイトはこちらから → https://www.fujiwo-ishimoto.com/

ishimotofujiwoten_1.png
fujiwo_ishimoto_exhibition

ishimotofujiwoten_2.png
石本藤雄展 ―マリメッコの花から陶の実へ―