WACOAL STUDYHALL KYOTO

ワコールスタディホール京都は眞鍋美祈「ことばにさわる」を開催いたします。
眞鍋は昨年、東京・南青山のスパイラル(株式会社ワコールアートセンター)が、若手作家の発掘・育成・支援を目的として2000年から開催しているSICF(スパイラル・インディペンデント・クリエイターズ・フェスティバル)にてワコールスタディホール京都奨励賞を受賞しました。本展では「ことば」をテーマに受賞作品の「韻を踏む」のほか「孤独が溶ける」、新作の「私へうつる」を展示いたします。

眞鍋美祈 「ことばにさわる」

会 期:2020年7月15日(水)~9月11日(金)月曜~金曜 10:00-20:00
休 館:土曜・日曜・祝日
会 場:ワコールスタディホール京都
入場料:無料
主 催:株式会社ワコール ワコールスタディホール京都
本展のフライヤーPDFはこちら
※ご来館の際に、お名前・緊急連絡先・お住まいの地域等の提出をお願いしております。必要事項を記入の上ご持参いただきますと入館の手続きがスムーズに行えます。
緊急連絡用来館者カードのダウンロードはこちらから>>

20200701_gallery_01.jpg
20200701_gallery_02.jpg

ことばにさわると、色んなことが見えてくる。
頭は、心は、考える。身体はそれを言葉にして、世界に放り出す。
放たれた言葉は時や場所を超えて、他の人のところへ行ったり、自分のところへ帰ってきたり。
私の身体にたどり着くはずのなかった言葉が、いきなりやってきたら?
言葉とフィジカルにあそぶ体験を通して、見過ごしがちな事柄を見つめていただければ幸いです。

眞鍋美祈 Minori Manabe
東京大学工学部機械工学科卒業、現在東京大学大学院学際情報学府学際情報学専攻先端情報表現コース在学中。テクノロジー・アート・ヒューマニティの垣根をこえた体験づくりを目指して、エンジニア・アーティスト・デザイナーとして活動。
主な受賞歴は、ANA WonderFLY Creative Award(2018)、SICF20 ワコールスタディホール京都奨励賞(2019)、新世代賞特別賞(2019)、異能vationジェネレーションアワード(2019)など。
Twitter:@minoriminority
Instagram:@mino.ri.minority
Web:https://minori-products.wixsite.com/minori/
20200701_gallery_03.jpg

○ 韻を踏む
韻をふむのは詩人やラッパーの特権じゃない。誰もが韻をふめたなら、もっと言葉に親しみがわくはずだ。本作品では、物理的に「踏む」ことを通して韻をふむ体験をしてもらう。本を読むことが減ってしまったこの時代だからこそ、青空文庫から抽出された名文で韻をふむことで、言葉の魅力を感じてほしい。

20200701_gallery_04.jpg

○ 孤独が溶ける
孤独という文字がたくさん並んでいる様はひどく滑稽に見える。ちっとも孤独じゃないじゃないかと思う。きっと隣にも孤独の文字が並んでいることにも気づいていない。
孤独を「溶かす」体験を通して、自分や他人の内面にある孤独を見つめてほしい。

20200701_gallery_05.jpg

○ 私へうつる
「そんな人じゃないと思ってた」「キャラじゃないよ」誰もがあなたに先入観をもっている。通りすがりの人も、AIも、あなた自身も。外見からSNSのBIO欄に至るまで、いつのまにか他者にイメージを抱いているし、同時に自分のイメージを作っている。目には見えない先入観と、自分だけが実物を見ることのできない「顔」。先入観が自分の顔の上に現れたとき、あなたは何を思うだろう。

コラボレーションエンジニア
橋本 大輝
東京大学工学部航空宇宙工学専攻 知能工学研究室所属。創造的な行為をいかに機械学習を使って支援するかということを題材に研究を行っている。
高嶺 航
1994 山口県生まれ 2020 東京大学大学院工学系研究科技術経営戦略学専攻 修了
合同会社DMM.comに入社し、Webエンジニアとして活動.
Richard Sahala Hartanto
インドネシア出身、東京大学大学院学際情報学府卒業。AR,VRなどを使い、デジタルコンテンツを制作。現在UXデザイナーとして活動。

・関連イベント
出展作家によるトークイベントを開催予定 
詳細が決まり次第、当館ウェブサイト等にてご案内いたします。

【新型コロナウイルス感染予防・拡散防止のご協力のお願い】

ワコールスタディホール京都ギャラリーでは、お客様ならびにスタッフの健康と安全に配慮し、関係機関から最新情報の収集に努めるとともに 感染予防・拡散防止に細心の注意を払ってまいります。ご来館・施設ご利用のお客様におかれましても趣旨をご理解いただき、以下のとおり、ご協力をお願いいたします。

・ご入館の際はマスクの着用と手指の消毒をお願いいたします。
・マスクの着用がない方は入館いただけません。
・ご入館時に、非接触型体温計にて検温させていただきます。37.5℃以上の発熱が確認された場合、ご入館をお断りさせていただきます。
・入口で、氏名・緊急連絡先・健康状態・来館日時等のご記入にご協力ください。収集した個人情報は新型コロナウイルス感染症対策にのみ利用します。 事前にホームページ上にあります記入票に必要事項を記入の上ご持参いただきますと入館の手続きがスムーズに行えます。
・展示室内が混雑した場合、入場制限をさせていただきます。
ご来館の際に以下に該当する方は入館をご遠慮いただきます。
・発熱や咳、咽頭痛などの症状がある方、感染の疑いがある方
・過去2週間以内に新型コロナウイルス感染症陽性者との濃厚接触が疑われる方
・過去2週間間以内に政府から入国制限、入国後の観察期間が必要とされる国・地域等への訪問歴及び当該在住者との濃厚接触がある方

施設運営に当たって、下記の対応を行っております。
・当館スタッフもマスクを着用して対応させていただきます。
・館内、多くのお客様が手を触れる箇所の消毒を強化しています。
・外気を取り入れた空調運転による換気の実施、出入口扉など開放し室内の換気を行います。
・受付や対面レジなどでアクリルボード等の設置や待ち列の間隔設定を行います。

・開館状況は急遽変更となる可能性がございます。ご来館前に当館ウェブサイト等にて最新情報をご確認の上、お越しください。
・上記記載に関わらず、状況に応じてスタッフからお客様にお声掛け等させていただくことがございます。その際はスタッフの指示に従ってください。