WACOAL STUDYHALL KYOTO

このたび、ワコールスタディホール京都にて、岡村よるこの個展「ボトルメッセージの漂着先/Where a message in a bottle lands.」を開催いたします。
岡村よるこは、2011年に多摩美術大学グラフィックデザイン学科を卒業し、近年ドローイングを中心にコミュケーションや文字にフォーカスした作品を制作してきました。
本展では、作家が昨年出産を経験したことで、女性として生きていくことをモチーフにして制作した10年前の作品「Girls war」と再対峙し過去の自分自身と作品を通してコミュニケーションをとる試みをします。
ぜひ、この機会にご覧ください。

過去の私が残した思いを受けて
手紙に書くように作品に託す。


私事ですが昨年出産をいたしました。
妊娠中から今日に至るまでの間、自身の10年前の作品「Girls War」が頭の中を浮游していました。
「Girls War」は日本で女性として働き、家庭を持ち、生きていくことをモチーフとした作品です。
近年コミュニケーションや文字にフォーカスしてきた私が、なぜ今その作品を思い出しているのか。
それは、浜辺で瓶に入った手紙を拾うようなお別れしそびれた下着を引き出しの奥から発見するような感覚でした。
再び身に付けてきたら妙にしっくりきます。でももう変えなくてはならないです。

本個展では自身の過去作との再対峙という形で過去の私とコミュニケーションをとる事を試みます。
そしてまた手紙に書くように作品に託したいと思います。 (岡村よるこ)


Reflection upon my own past work, I deliver my own work as a message for future self.

Last year I gave birth.
During my pregnancy and up until today, my own past work in 2012, "Girls War" has always been in my headspace.
"Girls War" is art piece about working, having family and living as a woman in Japan.

The question is: After all these years I've been focusing on communication or text as my medium, why am I thinking about that work now?
Myself reflecting upon my own past work almost feels like picking up a message from someone in a bottle at the shore.
It also feels as if I found an old underwear in a dresser. When I put it on, it feels right. Yet, I know that I have to let go.

This is exhibition is my attempt to communicate with my past self through revisiting my own past work and its motif as current self. At the same time, this act itself means leaving a message for my future self.

Yoruko Okamura


800_gallery_main_220621.jpg

岡村よるこ 個展「ボトルメッセージの漂着先」
Yoruko Okamura Solo Exhibition | Where a message in a bottle lands.

会 期:2022年6月21日(火)~7月22日(金)月曜~金曜 10:00-20:00 
休 館:土曜・日曜・祝日 ※6月25日(土)のみ特別開館(10:00~17:30)
会 場:ワコールスタディホール京都 ギャラリー
入場料:無料
主 催:ワコールスタディホール京都
会場ディレクション :KTN
          Kyohei Tanahashi + Toshiki Nojima


DSC00213.jpg
ワコールスタディホール京都のSHOPでは岡村よるこによる特別パッケージになった珈琲豆を販売します。(数量限定・無くなり次第終了)
【岡村よるこオリジナルパッケージ】
600_coffeepackimg1200_752.jpg
朝凪ブレンド 「SLOPE」
夕凪ブレンド 「Coffee Base KANONDO」      

※本展のフライヤー(PDF)はこちら
※ご来館の際に、お名前・緊急連絡先・お住まいの地域等の提出をお願いしております。必要事項を記入の上ご持参いただきますと入館の手続きがスムーズに行えます。
緊急連絡用来館者カードのダウンロードはこちらから>>

岡村よるこ Yoruko Okamura
2011年多摩美術大学グラフィックデザイン学科卒。
ドローイングを中心に日常や現代社会における気づきを、女の子とパンツに投影する。
幼少期渡米した際の言語体験から感情を伝達する「文字」に興味を持ち、コミュニケーションデザインおよびタイポグラフィの基礎を学ぶため2007年多摩美術大学グラフィックデザイン学科へ入学。卒業後はデザインの現場にて文字や情報に対する実践的な考え・配置・技術を体感していく。
以降、デザイン・イラスト・ドローイングをクロスオーバーする表現はできないか模索し続けている。
自作文字に「panties fonts」がある。
主な展示に「Reflection」(長亭GALLERY、東京、2021)、「ゆめかもね展」(SUNDAY、東京、2020)「Installation 空間と線」(J.M.Weston、伊勢丹新宿)「artists fair kyoto 2019」(京都文化博物館 別館、2019)、など。

Yoruko Okamura graduated from the Department of Graphic Design at Tama Art University in 2011. She projects her awareness of daily life and contemporary society onto girls and underpants, mainly through drawings. She entered Tama Art University to study the basics of communication design and typography. After graduation, She worked in the design field, experiencing practical ideas, layouts, and techniques for letters and information. Since then, She has continued to search for ways to express herself through crossover between design, illustration, and drawing.
A self-designed font "panties font".
Major group exhibitions include "Reflection"(CHANGTING GALLERY,Tokyo,2021), "YUMEMONE Exhibition" (SUNDAY, Tokyo, 2020),"Installation Space and lines "(J.M.Weston,Isetan Shinjuku,2020)and "artists fair kyoto 2019"(Museum of Kyoto,2019).

KTN
Kyohei Tanahashi + Toshiki Nojima
空間ディレクションユニット。東京を拠点に活動中。

SpecialThanks :
Yoshi Nomura , Yumi Sasai , Ayumi Handa , Yasusu , Tommy , Nana Soeda , Carol , 石原梓, ハモさん,さとみさん,And My Family

【新型コロナウイルス感染予防・拡散防止のご協力のお願い】

ワコールスタディホール京都ギャラリーでは、お客様ならびにスタッフの健康と安全に配慮し、関係機関から最新情報の収集に努めるとともに 感染予防・拡散防止に細心の注意を払ってまいります。ご来館・施設ご利用のお客様におかれましても趣旨をご理解いただき、以下のとおり、ご協力をお願いいたします。

・ご入館の際はマスクの着用と手指の消毒をお願いいたします。
・マスクの着用がない方は入館いただけません。
・ご入館時に、非接触型体温計にて検温させていただきます。37.5℃以上の発熱が確認された場合、ご入館をお断りさせていただきます。
・入口で、氏名・緊急連絡先・健康状態・来館日時等のご記入にご協力ください。収集した個人情報は新型コロナウイルス感染症対策にのみ利用します。 事前にホームページ上にあります記入票に必要事項を記入の上ご持参いただきますと入館の手続きがスムーズに行えます。
・展示室内が混雑した場合、入場制限をさせていただきます。
ご来館の際に以下に該当する方は入館をご遠慮いただきます。
・発熱や咳、咽頭痛などの症状がある方、感染の疑いがある方
・過去2週間以内に新型コロナウイルス感染症陽性者との濃厚接触が疑われる方
・過去2週間間以内に政府から入国制限、入国後の観察期間が必要とされる国・地域等への訪問歴及び当該在住者との濃厚接触がある方

施設運営に当たって、下記の対応を行っております。
・当館スタッフもマスクを着用して対応させていただきます。
・館内、多くのお客様が手を触れる箇所の消毒を強化しています。
・外気を取り入れた空調運転による換気の実施、出入口扉など開放し室内の換気を行います。
・受付や対面レジなどでアクリルボード等の設置や待ち列の間隔設定を行います。

・開館状況は急遽変更となる可能性がございます。ご来館前に当館ウェブサイト等にて最新情報をご確認の上、お越しください。
・上記記載に関わらず、状況に応じてスタッフからお客様にお声掛け等させていただくことがございます。その際はスタッフの指示に従ってください。