WACOAL STUDYHALL KYOTO

スクール講座ウェブ会員ページ

【美術解説するぞーのアート講座】

まずはここから!東洋美術と西洋美術の超俯瞰概説

日時
2022年5月30日(月)
20:30~21:30
料金
1,650円(税込)
※アーカイブ購入2,200円(税込)
学べる美
感性の美
講師
美術解説するぞー
講座形式
ワークショップ ※オンライン
分野
文化,アート,トレンド,生活,ビジネス
講座番号
22k001-002
Instagramを中心に活躍する美術解説するぞーさんにアートをわかりやすく教えていただく講座の第二弾が5月30日に行われました。

前回に引き続き、60名近い方にお申し込みいただき、オンラインにも関わらず、
開始直後からチャットが飛び交う熱気のある講座となりました。

今回は前回に引き続き、美術史という大きなテーマ、
さらに西洋美術と東洋美術の違いや結節点を一時間で概説してもらうというチャレンジングな内容。

西洋絵画といえば、カラフルな抽象画、東洋美術といえば仏像などをイメージする方も多いはず。
もしそれぞれに、異なる文化が影響し合っていたとしたら…??
そんな意外なお話から講義はスタートします。

スクリーンショット①.png まずは西洋の美術のルーツから。
宗教的背景や、文化、多く使われてきた画材から西洋美術の土台ができていきます。

スクリーンショット②.png 東洋美術は地域が広いため、2つに分けて解説いただきます。
まずは中央アジア。
モスクなどに見られる素敵な模様…これがどんな目的と背景をもって誕生したかに皆さん興味深々でした。

講義の間もチャットを通じてコミュニケーションが展開されます。

受講者さま「模様の意味を知ってみると面白そうです!」
美術さん「模様から当時の人が何に感動していたか想像するとまた楽しめますよ!」

受講者さま「なんで聖書があるのに絵や人で宗教を表現するの?」
美術さん「いい質問です!かつては現代と比べ識字率がとても低かったんです…」

などなど、能動的な学びとして楽しんでいただきました。

最後は東アジア。
ところどころ受講者さまに人気のクイズも挟みます。
中国最古と呼ばれるこちらの絵画は何を描いていると思いますか…??

スクリーンショット③.png 超俯瞰で西洋美術と東洋美術を概説いただき、
後半はついに東西の交流についてはいっていきます!

偶像崇拝禁止だったはずなのに、なぜ仏像が登場するの?
写真のような写実表現が中心の西洋絵画が抽象的になっていくのはなぜ?
こういった疑問の答えには社会背景が大きく関係し、なんと現代の漫画表現にも表れていきます。
スクリーンショット④.png 「美術解説するぞーのアート講座」は、どこから学んでいいのかわかりにくい美術がもつ様々な要素をわかりやすく解説。
要点を絞り込んだ内容に、講義渾身のスライド、クイズやチャットを交えた進行で、学びの詰まった講義となっています。

次回は6/末に開催予定です!お楽しみに!!

スクリーンショット⑤.png

関連するシリーズ講座