WACOAL STUDYHALL KYOTO

スクール講座ウェブ会員ページ

【美術解説するぞーのアート講座】

まずはここから!近現代美術史の超俯瞰概説

日時
2022年6月28日(火)
20:00~21:30
料金
2,750円(税込) ※アーカイブ購入 3,300円(税込)
学べる美
感性の美
講師
美術解説するぞー
講座形式
ワークショップ ※オンライン
分野
文化,アート,トレンド,生活,ビジネス
講座番号
22k001-003
Instagramを中心に活躍する美術解説するぞーさんにアートをわかりやすく教えていただく講座の第三弾が6月28日に行われました。

お客様からの、「もっとじっくり聞きたい!」「時間が短く感じる!」といったお声をもとに
今回は90分に拡大しての講義を行いました。

テーマは「近現代美術史の超俯瞰概説」。
90分とはいえ、果たして概説可能なテーマなのか?!という緊張感をもってスタートした企画です。

しかしながら、
「アートってどうやって学んだらいいの??」
「気になるけど、全然わからない…」
といった方と一緒に、全体像を学びたい、、
と考えてスタディホールから美術解説するぞーさんにお願いしてしまいました。

序盤は大きな枠組みで、近現代の美術史をとらえます。
近現代美術史 講義写真①.png モダニズム、とポストモダニズム。
なんとなく聞いたことがあるけど、どんなふうに捉えたらいいかわからない方も多いのではないでしょうか?
わかりやすい言葉と、時代との関係性を踏まえて解説してくれます。

また、講師オリジナルのフレームワークで、
作品や作家をとらえやすくするお話もしていただきました。
このフレームワークを頭に入れておくだけで、ひとりで美術館に行った時、いつもより楽しく鑑賞できそう…!

お話は近代の美術史へと進んでいきます。
近現代美術史 講義写真②.png 様々な作品を取り上げながら、
美術家たちが試行錯誤を繰り広げた足跡をたどります。

かの有名なデュシャンの「泉」や、ピカソの作品にも触れますよ!

そこから時代は「現代」へとうつっていきます。
クイズも交えながら、目が離せない展開がすすみます!

近現代美術史 講義写真③.png 現代ではアンディ・ウォーホルやバスキア、ジェフ・クーンズなど、日本国内でも人気の高い作家が、どういった文脈で登場したかもわかっていきます。

最後は「美術とお金」というお話もつけてくださいました。
MicrosoftTeams-image (110).png ↑こちらのクイズ、どれが一番高額かわかりますか?
そんな問いから、美術作品の価値について触れていきます。

途中でたくさんの質問に答えながら、
充実した約110分(見事に予定時間オーバー!!)の大ボリューム講義となりました。

充実の講義、次回もお楽しみに。

関連するシリーズ講座