WACOAL STUDYHALL KYOTO

スクール講座ウェブ会員ページ

Art Loverに贈るアート・サイエンス学

文化庁文化交流使が語る!禅とメディアアートの関係&アート・サイエンスの新しい可能性

日時
2017年10月7日(土)
14:00~15:30
料金
3,240円(税込/ドリンク、著書『TOSA RIMPA』(淡交社)付き)
学べる美
感性の美
講師
土佐尚子 [アーティスト、京都大学総合生存学館教授、平成28年度文化庁文化交流使]
講座形式
講義
分野
哲学,文化,アート,生活
講座番号
17k019
平成28年度文化庁文化交流使として8か国10都市を巡ってこられた、アーティストの土佐尚子さんの講演を開催しました。
Art Loverに贈るアート・サイエンス学 土佐尚子
土佐さんとは、ワコールスタディホール京都が産声をあげたばかりのちょうど1年前にも、講座を開催いただいて以来のご縁。この1年のあいだに、土佐さんが世界を股にかけより一層ご活躍をされたご様子に、参加者だけでなくスタッフからも感嘆の声が上がりました。ハイスピードカメラで2000分の1秒を捉えた土佐さんの作品は、「実時間を100倍引き伸ばして見えてくる現実」。世界にもその美しさはしっかり伝わったようです。
Art Loverに贈るアート・サイエンス学 土佐尚子
「一本の花を茶室に飾る」ことに象徴される日本の美は、世界でも「美」として認識されているとのこと。その一方で、その「美」はアートにはあたらないというのが世界の認識なのだとか。「Looking for Japanese Beauty」をテーマに世界で活動をされた土佐さんだからこそ見えた西洋と東洋の「美」の認識の差も興味深い、有意義な時間でした。