WACOAL STUDYHALL KYOTO

ひとさじの科学 ~科学とのコラボレーションが生むおいしさの秘密!~

第4回 聴覚「耳を澄ます」

日時
2018年6月9日(土)
13:30~16:00
料金
5,400円(税込)
学べる美
感性の美
講師
石川伸一 [宮城大学 食産業学部 教授]
講座形式
講義、ワークショップ
定員
20人
分野
アート,科学,生活
講座番号
17k013-004
この日のテーマは聴覚。音が、いかにおいしさを左右するか探ります。
講座の中では様々な食×音の事例が登場。例えば、おいしそうなステーキを焼く調理音に「グツグツ」と煮える音があてられた動画(ものすごく違和感!)。同じレモネードを飲みながら異なる曲調の音楽を聞いての味比べ(曲ごとに味が変わる不思議!)。…など、たくさんの事例で聴覚が刺激されました。

ひとさじの科学 ~科学とのコラボレーションが生むおいしさの秘密!~

ひとさじの科学 ~科学とのコラボレーションが生むおいしさの秘密!~

ひとさじの科学 ~科学とのコラボレーションが生むおいしさの秘密!~

そういう発想で身の回りを見てみれば、音を使ってPRした料理や食べ物はたくさん(「パキッとおいしい」「サクサク食感」)。これまでにはあまり意識していなかったけれど、私たちの味覚や食欲と音のあいだには、深い関係があることを実感しました。
このことを裏返して、講座の最後には、なんと音からクッキーをつくるワークショップも実施。「“しゅわしゅわ”ってどんな素材で表現しようか?」「“ずるずる”にはマシュマロかな~」など会場は大盛り上がり。音をモチーフにそれぞれのクッキーが出来上がりました。

ひとさじの科学 ~科学とのコラボレーションが生むおいしさの秘密!~

ひとさじの科学 ~科学とのコラボレーションが生むおいしさの秘密!~

ひとさじの科学 ~科学とのコラボレーションが生むおいしさの秘密!~

関連するシリーズ講座