ホーム > ワコール探検隊 > おぼえていますか?!はじめてのブラのこと。 > はじめてのブラは出会うタイミングが大事

はじめてのブラは出会うタイミングが大事

バストが成長しはじめた段階で、ブラジャーを着けている子どもはまだ3人に1人の割合。
バストの成長ステップに合わせてブラジャーを着けることの大切さがお母さんたちに十分に浸透していないため、子どもと
ブラジャーの話をはじめるタイミングを逃してしまうのが、着用を遅らせる大きな理由のひとつかもしれません。
成長期専用のブラジャーを、子どもたちが必要なタイミングで身に着けられるように、いろいろな工夫が重ねられているようです。
探検隊はワコールの成長期専用ブラジャーの商品開発担当者を訪ねてみました。

インタビュー

遅れがちなブラデビュー・・・。そこから「初プチブラ」はそこから誕生しました。

ワコールファミリー商品部 商品企画課 岡 葉子さん

子どもたちにとって、"はじめてのブラジャー"と出会うタイミングはとても大切です。
ところがお母さん方に聞くと、お子さんとファッションの話はしても、下着の話までは
していないという方が大勢いらっしゃいます。
ワコールでは、バストトップ(乳頭周辺)が少しふくらみはじめたころから"はじめてのブラ"を着けることをおすすめしていますが、実際にはお子さんのバストが目立ちはじめてからインナー売り場に来られるお母さん方は少なくなくて、その段階では"ジュニアステップ1"どころか"ジュニアステップ2"を過ぎていることも珍しくありません。でも、一方、"ジュニアステップ1"のお子さんたち自身にも、「ブラジャーはまだ恥ずかしい」という気持ちがあります。
そこでワコールが開発したのが、乳頭周辺がふくらみはじめる
"ジュニアステップ1"から、バスト全体がふくらみはじめる"ジュニア
ステップ2"前半まで着用できる「初プチブラ」です。背中部分が
タンクトップ型なので、見た目にもブラジャーを着けているという
感じがほとんどありません。機能面では、前面の裏側にクッション
性のある素材を使ってまだふくらんでいないバストの乳頭を保護し、
乳頭のあたる部分の内側に入れた放射状のスリットで伸縮性を増し、
ふくらみはじめたバストの乳頭の成長にもやさしくフィットします。
「ブラジャーは大人のもの。うちの子にはまだ早い」とお思いのお母さん方にも、ご自身のお買い物のときに親子で一緒に試着・採寸ができるよう、従来のこども肌着売り場に加え、一部百貨店の婦人肌着売り場でも取り扱いをはじめました。一般の子供服と同じように身長サイズを併記していますので、購入時の目安にもしていただけるものと思います。
「初プチブラ」が、成長期のからだのことやブラジャーについて、親子で話し合うきっかけづくりになることを私たちも願っています。

プチブラシリーズはこちら

百貨店の婦人肌着売り場での取り扱いはこちら

探検を終えて

大人になると普段当たり前のように着けているブラジャーなのに、"はじめてのブラ"については、なにもかも初めて知ることばかりでした。自分がこどものときにもこんな知識があったら・・・なんてつい考えてしまった探検隊です。子どもたちもはじめて経験することで不安だらけなのに、お母さん方も成長期の子どものからだの変化やはじめてのブラ選びに自信が持てないために、親子のコミュニケーションがどうしても不足してしまう。そのために、はじめてのブラジャーを着けるタイミングを逃してしまいがちなんですね。
昔とちがって、いまは情報も増え、成長期のからだとブラジャーについての
調査・研究も重ねられ、商品づくりもすすんでいます。お母さんと
お子さんが、一緒にからだの成長と下着の役割について正しい知識
を身につけてコミュニケーションを深めていってほしいと
心から思いました。

ー それが未来の楽しいブラジャー選びにつながっていくと信じて。

ワコール探検隊

  • ←
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • →

ページTOP