ワコール

ホーム > ワコール探検隊 > 人間科学研究所探検 > 環境実験室とは?スパイラルポイントとは?

ワコール探検隊 人間科学研究所探検ワコール探検隊 人間科学研究所探検

気温や湿度を変えた実験が 常に行われている「環境実験室」

ここは何しているんだろう、と「実験中」というランプがついている部屋をのぞいてみると、モニターさんが汗びっしょりになりながら、運動中?!

私もさっそく実験室に入ってみました。
この日はランニングマシーンが用意されていたので、実際に少し歩いてみました。壁面にはたくさんのカメラがついていて、実験室にいる人の動きをデジタルデータとして収集できるそうです。
イチロー選手も愛用の『CW-X』も、ここで製品評価されたとのこと。

思わずのぞいてしまいました(笑) この動きがどのように商品に反映されるのか気になる!

他にも「快適圧評価システム」という、動いているときの圧力の変化を測定できる装置もありました。動きがなかなかリアル(?)でおもしろい!

動いているときの圧力の変化を測定します。ストッキングやガードルの開発に使用。愛称は「ビバリちゃん」!

最後にスパイラルポイント(って何だろう?)のプチ講義を受けま~す!

環境実験室とは?

温度と湿度がコントロールできる部屋で、真夏の状態で運動したときの汗の状態や、寒い中で下着によってどれぐらい体温が保たれるかなどの実験ができます。ときには布団を敷いてパジャマなどの快適性を評価したり、研究者さん自らがスクワットを繰り返して実験することも。

誰にでも訪れるエイジングポイント 「スパイラルポイント」とは?

独自の測定方法も用い、女性一人ひとりの加齢変化を追跡調査してきた人間科学研究所だから見出したエイジングポイント、それがスパイラルポイントだそうです。なんと、女性は16歳から46歳の間に、3回も体形が大きく変化するんですって!

その変化の様子を写真等で見せていただいたのですが…ううう、変化というよりも“崩れ"という言葉が頭をよぎりました…。「毎日の食事や運動に気をつけ、体形変化にあった下着を身につけることで、このスパイラルポイントを上手に乗り越え、40代以降もキレイなボディラインを保っていただきたいです」と研究員さんがおっしゃる通り、私も気をつけよう!最近、太りやすくなっているような気がしてるし…。

それにしても「下着」が私たちの手元に届く前には様々な研究がされているのですね。こんなに細かい研究がされているのだから、私も私自身のカラダをもっと知らないと!まずは最近ご無沙汰している「採寸」をして、自分に合った下着を身に着けることから始めてみます!

スパイラルポイント&ボディステージの年齢と特徴 だれでも確実にこのような順序で体型は変化していくのだそうです。
スパイラルポイントとは?

ワコール人間科学研究所の最大の強みは時系列データ。1人の女性のサイズを何年にもわたって測り続けており、その数は約250人。この時系列データより見いだしたエイジングの法則を、ワコールでは"スパイラルエイジング"と表現。カラダの変化の様子は、まるでらせんを描くようであり、16才~46才の間に3回大きな体型変化があることを発見。ボディにもキレイの曲がり角=「スパイラルポイント」があるということがわかっています。

前のページ