魅惑のランジェリーエッセイ 上流下着のつどい Upper Inner Salon|ワコール

23 Dec, 2020

いま、本当に着たいものは?

おしゃれの原点に立ち返った1年

ウンナナクール
ウンナナクール

 ルームウェアやナイトブラ、ノンワイヤーブラに注目が集まった2020年。改めて振り返ってみると、在宅勤務などおうちで過ごす時間が増えた人が多く、リラックスできる服や下着の価値が見直され、アップデートされた1年だったように思います。要するに私たちは、海外旅行や華やかなパーティに出かけなくても、おしゃれをしたいし、せずにはいられない。ちょっと贅沢なテイクアウトグルメを楽しむような感覚で、ワンマイルのおしゃれを楽しむようになったのではないでしょうか。

 また、特別な外出が少なくなれば、ひとつひとつの機会は大切になり、これまで以上に貴重な愛おしい時間に。日々の着回しや煩雑な状況に対応する無難な服ではなく、本当に着たいもの、いいものを買うようになったという声も聞きました。期せずして、本当のおしゃれを自由に楽しめる時代が到来したのなら、それは進化。個人的にも、気分が上がるものを身につけることで得られる驚きの効果を再確認し、そのパワーに助けられることが多かったような気がします。

 マスクが外出時に欠かせないアイテムになったことも、今年の大きな動きでした。選択肢が増え、自分の好みに合ったものをつけられるようになり、スキンケアやメイクアップの分野にも想像以上の変化をもたらしました。口もとが隠れると少し元気がないように見えることから、リップの代わりに目もとに赤みを入れる血色メイクが流行。新しい美しさの基準が、ある種の制約から生まれることを目の当たりにした思いです。

左:ふんわりした着ごこちのアンフィ ルームウエア 右:ウンナナクール)

 たとえばメガネやサングラスも、機能だけなら「必要なときに使う道具」に過ぎないけれど、ファッションの要素が加われば、コーディネイトを積極的に考えるようになります。下着だって、機能を備えたファッションアイテムだからこそ、毎日のコーディネイトが楽しめるのは周知の通り。最近、このようなおしゃれ心の原点というべき境地に立ち返らせてくれたのが、ウンナナクールの「364ブラ」。9色もバリエーションがあるので、毎日色を変えて364日つけたくなってしまいそうです。

ここちよさとエレガンスを求めて

 世の中の価値基準がリセットされつつある時代は、自分は何がしたいのか、何を着たいのかを、まっさらな状態で見つめ直す絶好のチャンスでもあります。周囲に合わせるのではなく、純粋に自分が求める感覚を探り、その方向に進んで行けるのはうれしいことですよね。いま、世界的なファッションのトレンドになっている「ここちよさ」というキーワードも、多くの人々の、内からわき出るようなリアルな感覚から生まれているのだと思います。

再生コラーゲン繊維を使用した「肌美スト HOT」(スゴ衣)

 その意味で、着ごこちのよさが得意分野である下着やインナーウェアは、これからのトレンドを牽引する存在といえるでしょう。この冬をここちよく過ごすインナーとしては、保温性と保湿性にすぐれた「スゴ衣 肌美スト HOT」がおすすめ。再生コラーゲン繊維を使用しているため、肌ざわりがしっとりとしていて、あたたかいのです。9分袖、2分袖、ノースリーブ、キャミソール、さらにボトムまで揃う頼もしいラインアップで、全身のここちよさを内側から支えてくれます。

 また、エレガントなデザインにも流行のきざしがあるのは、優雅さへの憧れが高まっているからかもしれません。歴史をさかのぼれば、ディオールが「ニュー・ルック」でデビューした1947年春夏が、まさにそうでした。戦時中のストイックな装いに飽きてきた女性たちに、平和の象徴として、クラシックなスタイルの優雅さと贅沢さを思い起こさせたのですね。京都服飾文化研究財団(KCI)のデジタル・アーカイブスで、デビューコレクションに続く秋冬の展開を、ぜひご覧ください。

VIVA LINE ブラのコーディネイト(サルート:37group)

 本格的なドレスを着る機会は少なくても、ドレスアップしたいという気持ちは、美しいランジェリーで満たすことができます。それは、好きなアイテムで自由に遊べる、幸せなプライベート・ワールド。贅沢にレースを使用したサルートのランジェリードレスやブラジャーは、自分を甘やかすことの大切さを思い出させてくれるようです。こころに響くものが肌にふれるとき、私たちは高揚感とともに、ホームポジションに帰ってきたような、ほっとした気持ちになれるのではないでしょうか。

ウンナナクール
https://www.une-nana-cool.com
アンフィ
https://www.amphi.jp/
スゴ衣
https://www.wacoal.jp/sugoi/
サルート
https://www.wacoal.jp/Salute/
京都服飾文化研究財団(KCI)のデジタル・アーカイブス
https://www.kci.or.jp/archives/digital_archives/

Related Story

深い森に誘われる、ワコールディア。

深い森に誘われる、
ワコールディア。

森のドレスに包まれたい。
  • WACOAL DIA
  • アウター
  • 下着
  • 展覧会
私を元気にする、夏ブラ研究。

私を元気にする、夏ブラ研究。

快適なブラと夏を始めたい
  • AMPHI
  • BRAGENIC
  • LIFE STYLE
  • PARFAGE
  • Trefle
  • tsumori chisato
  • 下着