10歳キラキラ白書2016 成長期の女の子 実態調査

10歳は女の子にとって、からだが変化し始める時期であり、
「環境面」や「心理面」でも大きな変化を迎える時期です。

さまざま情報が取り巻く中で、親世代との意識のギャップなども出てくる状況をふまえ、
ワコールでは、子どもたちとその親世代に対しても、正しい情報を届けていくことが重要ととらえ、
10歳の女の子たちを見つめ、輝やかしい未来につながる大切な事を伝える
「10歳の未来プロジェクト」としての活動を行っています。

「10歳の未来プロジェクト」の活動の一環で、等身大の"10歳"を知り、理解を深めていくこと、
また親と娘が話すきっかけづくりの提案を目的に、
ガールズばでなびサイト上で成長期の女の子達の意識調査を実施しました。

調査結果を「10歳キラキラ白書」としてまとめ、発信します。

本白書では、「カラダ」「ココロ」「トモダチ」「カゾク」など、
テーマごとに、10歳の女の子の実態を顕在化し、イマドキの"10歳"事情を紹介しています。

10歳キラキラ白書

ワコールでは、2016年3月3日のひな祭りの日に、
渡辺弥生教授による考察を交え、【10歳】の女の子についての分析をリリース致しました。

※渡辺弥生先生:法政大学文学部心理学科 教授/ 「子どもの『10歳の壁』とは何か?~乗りこえるための発達心理学~」著者であり、
発達心理学・教育心理学・臨床心理学を専門に研究。

10歳キラキラ白書 2016(PDF)

10歳の女の子を4つの項目に分けて傾向を調査致しました。

  • カラダ編.........カラダの発育状況を確認、特にバストやブラジャーに関する事柄
  • トモダチ編.........最近の学校生活や友達との関係について
  • ココロ編.........今どき女の子の恋愛事情
  • カゾク編.........家族間コミュニケーションの変化

「10歳キラキラ白書」発表会 Report

2016年3月3日のひな祭りの日に「10歳キラキラ白書」の発表を行いました。
当日の発表の模様を、ご紹介します。

「10歳」の女の子に起こる変化

「10歳」という年齢にあたる小学4年生~5年生の時期は、様々な変化が起こり始める時期と言えます。

1つは、親や友人など 他人に対する意識が強くなり、反抗心なども芽生え始める「心の変化」。
2つ目は、放課後の過ごし方として、学童保育が終了し、習いごとも増え、お子さんによっては中学受験を控え塾通いに専念し始めるといった「環境の変化」。
3つ目には、第2次性徴という大きな「からだの変化」が始まるのもこの時期です。

また、ワコールでは、女性の年齢毎のカラダの変化を計測しています。
その中で、現代のお子様は親世代よりも早くに、カラダの変化を迎えている事が分かっています。
ブラの所有率は、10歳を境に増え始め、持っていない子の割合と逆転します。

これらの変化が起こり始める「10歳」において、何がどのように変化するのか、昔と今では変化があるのか、それらを注意深く見ていくため、さらには、10歳前後の変化を親世代に広く知っていただくため「10歳キラキラ白書」を企画し発表するにいたりました。

「10歳キラキラ白書」では「カラダ」「ココロ」「トモダチ」「カゾク」というテーマにそって、アンケート調査を行った結果から、実状を明らかにしています。

10歳キラキラ白書 発表

成長期の女の子達の意識調査を実施し、10歳の女の子の実態や関心事をまとめた「10歳キラキラ白書」の一部を発表しました。

今回のアンケートを通して「ブラや生理用品の所有率」「父親と一緒にお風呂に入る割合」「友達とのやり取り」など、10歳が一つの節目になっている項目が見受けられました。
ぜひ、お子様のイマを知る一つの材料として、お子様との向き合い方の参考に「10歳キラキラ白書」をご覧ください。

10歳前後の子供とのコミュニケーションについて

発達心理学を中心に研究されている法政大学の渡辺教授より、「10歳キラキラ白書」から見えてくる女の子の心に関する考察と、親子間コミュニケーションの取り方についてお話いただきました。


「子どもの『10歳の壁』とは何か?~乗りこえるための発達心理学~」著者 渡辺教授

ホルモンの成長や生活環境によって個人差はありますが、10歳は「思春期の入口」になります。

「10歳」を考える
  • 「嬉しいけど不安」などポジティブな感情とネガティブな感情を同時に抱え始めます。
  • 未来を見通す力=今の行動が将来どのように働くかを想像する力がつきはじめます。
  • からだの第二次性徴が始まり、からだの変化に、気持ちがおいつかなくなる事も。
  • お子様から家族へ、不安や悩みを何でも相談する事が減っていき、家族に気持ちを隠す事が増える傾向にあります。
    一方で、日常生活における重要な他者が、親からしだいに友達へ変わりはじめる時期です。

思春期のお子様は、親御さんの期待に答える事ができなかった時、自分を卑下してしまう可能性を秘めています。
お子様に対して、Very good(「凄い!完璧!」)を求めるのではなく、Good Enough(「よくできたね!今はこれで十分だよ!」)を求めてあげてください。
「私も何かの役に立っているよね」「私、成長してるよね」「私、やればできる」という自尊心を大切に、他人と比べるのではなく、お子様が自分軸で考える事ができるよう、親御さんが関わってあげてください。

ココロの変化は外見から判断する事ができません。
親御さんは、何でも話をしてくれた頃と比較して、「難しい年頃になった」と思うかもしれません。
そこで遠ざけてしまわず、1人の人間として誠実に向き合う事が、今後の関係性構築においてとても大切です。まずはお子様の気持ちを受け止めてあげてください。
お子様の話や悩みを傾聴し、共感してあげてください。

カラダとココロの親子ワークショップ

2016年3月30日に「母娘のコミュニケーションプログラム」を行いました。
渡辺弥生教授に監修いただき、2部構成にてワークショップを実施致しました。

■第1部 「カラダ編:ツボミスクール」

小4~小6の女の子と保護者対象の、ワコールの下着教室「ツボミスクール」。 親子で、下着選びや、からだの成長に関する基礎知識を学んでいただきました。

■第2部 「ココロ編:ワークショップ」

渡辺弥生教授のファシリテーションの元、母娘のコミュニケーションプログラムを実施。 親子間のミスコミュニケーションの原因のひとつに、"感情の認識のズレ"があることに気付いてもらうとともに、お互いの感情やその動きを知り、感情に翻弄されない適切なコミュニケーションスキルを学んでいただきました。

親子のコミュニケーションのきっかけに「10歳キラキラ白書」をお役立てください。

ワコールでは、女の子の成長段階に合わせた下着を販売しています。
10歳前後の女の子をお持ちの保護者の方は「ブラジャーはまだ早い」と思わず、一緒に初めてのブラジャーを検討できるよう、保護者の方からコミュニケーションをとるように声がけしてあげてください。

TOPへもどる